油断ならない"夏の冷え"を解消|足元の冷えに効くツボとは

Adobe Stock

油断ならない"夏の冷え"を解消|足元の冷えに効くツボとは

伊藤香奈
伊藤香奈
2020-07-08

見落としがちな夏の冷え。特に足首から下は夏でも冷えやすいんです。冷えやすい理由と、その改善方法とは?

夏なのになぜ冷える?

夏なのに、ショッピングやオフィスで足元の冷えを感じることはありませんか?なぜ体は暑いのに足元は冷えを感じるかというと、冷房の冷気は、下にたまりやすいためです。そのため、エアコンのきいたオフィスやショッピングセンターでは、顔周や体は普通に感じても、足元だけは寒いということが起こってしまうのです。

冷え性に効くツボ

夏の足元の冷えは、女性ならではの不調にもつながりやすいため、冬以上に気を付けたいもの。冷えのツボ「三陰交(さんいんこう)」を刺激して、冷え対策を行っていきましょう。三陰交は、内くるぶしから指4本上の位置にあります。

三陰交
三陰交。内くるぶしから指4本上の位置にある。illustration by はるまき/AC

指で刺激したりこの位置に温灸をするのも効果的ですが、ツボ周辺を刺激するだけでも十分です。

1.ブロックの上に座り、片足の膝を曲げて横に倒します

2.内くるぶしから指4本上あたりに手の親指の付け根をあてます

3.両手を重ねて息を吐きながら体重をかけていきます。体重をかけて3秒程度ホールドしましょう。

夏の冷えに効くツボ押し
親指のつけ根全体で体重をかけるようにすると、楽に行えます

ポイント:骨のキワに手根をあてるように行いましょう。強く押す必要はありません。いた気持ちよい程度に柔らかく刺激していきましょう。

ライター/伊藤香奈

股関節ヨガインストラクター。会社員歴20年の長年の座り仕事&長時間通勤で、股関節と腰の痛みに悩まされる。解剖学の知見を深め、ヨガ・ストレッチ・筋膜リリースを組み合わせた独自のエクササイズで痛みを克服。この経験をもとに「股関節ヨガ」というメソッドにまとめ、「立つ・歩く・家事をする・仕事をする」といった日常の動きが楽になるヨガを考案。股関節が整うことで、美脚・美尻・むくみ解消・ボディメイクの効果や便秘解消といった女性に嬉しい効果もあると人気が広まっている。Instagram:@itokanayoga45

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

三陰交
夏の冷えに効くツボ押し
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する