デリケートゾーン、正しく洗えている?|irohaの考えるセクシャルウェルネス#3

photo by booro

デリケートゾーン、正しく洗えている?|irohaの考えるセクシャルウェルネス#3

女性の課題をテクノロジーで解決する産業「フェムテック」が注目を集めています。その流れの中で、昨年秋、大阪の大丸梅田店に女性のためのフロアが誕生しました。ここでは、生理を快適に過ごすためのアイテムや女性向けセルフプレジャーグッズなど、女性に寄り添うブランドが軒を連ねます。このフロアの一角に店舗を構えるのが、男性向けセルフプレジャーアイテムTENGAから生まれた、女性向けのケアブランド「iroha」。日本ではタブー視されてきた女性の性欲に真正面から向き合うirohaが伝えたいメッセージとは。シリーズ「#大人こそ学びたいセクシャルウェルネス」では4回にわたってiroha広報担当者にお話を伺いました。

女性にとっての心地よさを追求する、女性のためのセルフケアブランドiroha。実はセルフプレジャーアイテムの他に、iroha INTIMATE CAREという姉妹ブランドもあり、デリケートゾーンのケアアイテムも充実しています。こちらもまだ日本では、あまり人前で話さない風潮があるもの。でもそんな意識も少しずつ変えていけたらという思いで開発されたそのアイテムや、ケアの大切さについて広報担当の犬飼さんにおうかがいしました。

デリケートゾーンケアの"正解"がわからない女性のために

––セルフプレジャーアイテムに続き、2年前からデリケートゾーンケアのアイテムも発売されていますね。デリケートゾーンケア、というのがちょっと耳慣れない言葉なのですが、どんなアイテムなのでしょうか?

「最初に登場したのが、デリケートゾーン専用ソープのiroha INTIMATE WASHです。当時デリケートゾーンのケアアイテムが、日本でも少しずつバラエティショップなどの一角に置かれるようになってきていたものの、あまり浸透はしていませんでした。でも自社調査によると、デリケートゾーンについて調べたことがある人や、考えたことがあるという女性が非常に多かったんです。みんな興味はあるけれど、ポジティブに女子会で話せるようなことでもないし、結局どうしていいかわからないという状態だったんですね。そこでirohaを作っている会社としては、その悩みを解決したいなと」

iroha デリケートゾーン
iroha INTIMATE CAREシリーズ

––確かにデリケートゾーンの洗い方と言われても習った記憶もないですし、結局正解がわからないまま何もせずにいるという人も多いですよね。専用のウォッシュを使った方がいいというのはなぜでしょうか?

「デリケートゾーンが痒い、しみる、ニオイが気になるといった不快感に悩んでいる女性はとても多いのですが、正しく洗えていないということが原因の場合も多いんです。もともと自浄作用のある菌のおかげで、膣内の環境が正常に保たれているのですが、その菌のバランスが崩れるとニオイなどのトラブルが出てきます。その点、iroha INTIMATE WASHは、デリケートゾーンと同じ弱酸性のphを保つように作られているので、膣の常在菌を流さず、肌に負担もかけることなく優しく汚れを落とせるのです。そのため、こうした専用のケアアイテムを使ってデリケートゾーンの環境を整えることをお勧めしています」

Text by Satomi Maeda
Photos by booro

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

iroha デリケートゾーン
iroha
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する