隙間時間にできる!心と体の安定感を得る3つのヨガポーズ

Photo by Giulia Bertelli on Unsplash

隙間時間にできる!心と体の安定感を得る3つのヨガポーズ

私たちは毎日自分自身や身の回りに起きる出来事、たくさんの情報に囲まれています。それらによって心がざわついたり、周りの意見に流されそうになったりすることは誰にでもあるでしょう。そんな時にはヨガのポーズで自分の心と体を落ち着かせ、安定感を得てみませんか?

「気持ちが揺らいでいる…」と思ったときのヨガ

不安や心配から自分の軸がブレてしまい、地に足がついていないように感じたり。そんな時には安定感を得られ、集中力も高まるヨガポーズを練習して自分の軸を取り戻してみましょう。おなじみのポーズですが、ポイントを意識することでより効果を感じられます。

山のポーズ(ターダーサナ)

足の置き方から丁寧に意識することで安定感がぐっと深まります。姿勢を整える練習としても役立ちます。

tadasana
Photo by Yoga Journal US

やり方

1. 足の親指をつけ、左右のかかとを少し開いた状態で立つ。

2. 体を前後や左右に少し揺らして、両方の足の裏全体に均等に体重がのるちょうどの位置を探す。

3. 太ももの筋肉を引き締め、膝頭をひきあげる。

4. 尾骨を下に向けて腰が反れないようにし、上半身を頭頂まで伸ばして整える。両腕は体の横に、手のひらは正面か太ももに向ける。

5. 目線をやさしく一点に定めて呼吸を繰り返す。

ポイント:
息を吐くときには足の裏全体が床にさらにどっしりと乗るようなイメージで。床との接地面を常に感じるようにしましょう。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

tadasana
tree
vira2
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する