お尻や腰の張りも解消!瞑想前に行うと座るのが楽になる3つのヨガポーズ

Shoko Matsuhashi

お尻や腰の張りも解消!瞑想前に行うと座るのが楽になる3つのヨガポーズ

座って行う瞑想...長時間座った時間をキープするのは、意外とつらいもの。瞑想に入る前に、ヨガで体の硬さやこわばりをほぐし、快適な状態を作りましょう! 教えてくれたのは、全米ヨガアライアンスTT認定講師で瞑想の指導も行う鈴木まゆみ先生。

瞑想で快適に座るためのヨガポーズ

瞑想では、座る姿勢が重要に。心地よく座るために、簡単にできるヨガポーズも取り入れてみて!

1.お尻や腰の張りや緊張をとる「バッダコナーサナのアレンジ」

腰やお尻、股関節、太腿などをほぐして快適に座れる下半身づくりに。足裏を合わせて座り、片側ずつストレッチするために左右の足を前後にずらす。倒せるところまで上体を前傾させたら5呼吸キープ。左右の足を入れ替えて同様に。

バッダコナーサナのアレンジ
バッダコナーサナのアレンジ/photo by Shoko Matsuhashi

Photos by Shoko Matsuhashi
Interpretation by Mizuka Koike
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

パリヴルッタスカーサナのアレンジ
バッダコナーサナのアレンジ
壁を使ったダウンドッグ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する