その日の疲れはその日のうちに!ながらヨガで簡単解決オススメ3選

Photo by engin akyurt on Unsplash

その日の疲れはその日のうちに!ながらヨガで簡単解決オススメ3選

気温の変動が激しかったり、花粉症で心身ともに疲れやすくなっていたり、連日のウイルス報道でいつも以上に疲れやすい日々が続いているかもしれません。いつも通っているヨガスタジオが臨時休業、ヨガで解消しようにも出来ない!そんな時は自宅で簡単ながらヨガにチャレンジしてみましょう。今までヨガをしていた人はもちろん、ヨガ初心者にもオススメな3つをご紹介します。

気付いた時に前屈!むくみ知らずの足へ

知らず知らずのうちに酷使している足。前屈をすることで下半身の血行が良くなり、むくみも解消しやすくなります。朝起きた時、料理を作りながら、靴を履く時に、お風呂上りなどいつでもどこでもできる前屈を習慣にしてみましょう。

やり方

1.足は腰幅でも閉じていてもどちらでも構いません。

2.膝はなるべく曲げずに(ふくらはぎが痛すぎる場合は膝を軽く曲げましょう)息を吐きながら前屈をします。

3.じわーとふくらはぎの血行が良くなっていることを感じながら3呼吸キープ。

4.3呼吸終わったら、吸う息で上体を起こし吐く息で一度体を脱力させてあげましょう。

ベッドの上で両手両足ブラブラ!

寝る前にベッドの上で行えるポーズです。ヨガレッスンでもシャバーサナ前によくやるのではないでしょうか。ぜひおうちでも実践して全身の力みを解放してあげましょう。

やり方

1.ベッドの上に仰向けになります。両手両足に物が当たらない様に注意して下さい。

2.両手両足を天井に向けて上げ、ブラブラと揺らしましょう。

3.末端が冷えやすい方は、ブラブラ揺らした後に指先足先を握ったり開いたりして血行を良くしてあげましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する