太腿・ふくらはぎを刺激して血流促進!柔らかくなれる「股関節体操」とは

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

太腿・ふくらはぎを刺激して血流促進!柔らかくなれる「股関節体操」とは

一見無関係に見えますが、実は「むくみ解消」は柔軟性アップに大きく影響します。ご紹介するメソッドは、筋肉に圧をかけて、溜まった老廃物を流す「股関節体操」。圧をかけてから流すことでむくみを解消、血流が促進されて筋肉がほぐれますよ!今回のテーマは、脚のむくみに効く「大きな筋肉を刺激して滞った血流を促進する」方法です。

脚のむくみを解消:大きな筋肉を刺激して滞った血流が再スタート!

股関節まわりの大きな筋肉にアプローチ。大きな脚の筋肉を刺激することで強力かつ、効率よく滞りを流すことができます。下半身全体を部位ごとにしっかり圧をかけて解放することで、たまった老廃物を一掃。脚のむくみが気持ちよく取れます。

STEP1:体を上下に揺らして部位ごとに筋肉に負荷をかける

太腿への負荷のかけ方

両脚を脚1本分の幅に開き、足先を外に向け肩の高さで両腕を広げる。太腿が床と平行になる高さまで腰を下げ、腰を上下に5cm幅に、5〜10回動かす。

太腿・ふくらはぎを刺激して血流促進!柔らかくなれる「股関節体操」とは
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

ふくらはぎへの負荷のかけ方

次に、体が安定する高さまで、かかとを床から上げ、つま先立ちになる。その状態で腰を上下に5cm幅に、5〜10回動かす。

太腿・ふくらはぎを刺激して血流促進!柔らかくなれる「股関節体操」とは
つま先立ちをキープ/Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

お尻〜足先への負荷のかけ方

右脚を前に踏み出し、膝を直角に曲げる。左膝も曲げ、足先を立てる。手を腰に当て腰を上下に5cm幅に、5〜10回動かす。反対側も同様に。

太腿・ふくらはぎを刺激して血流促進!柔らかくなれる「股関節体操」とは
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.67掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

太腿・ふくらはぎを刺激して血流促進!柔らかくなれる「股関節体操」とは
太腿・ふくらはぎを刺激して血流促進!柔らかくなれる「股関節体操」とは
太腿・ふくらはぎを刺激して血流促進!柔らかくなれる「股関節体操」とは
太腿・ふくらはぎを刺激して血流促進!柔らかくなれる「股関節体操」とは
太腿・ふくらはぎを刺激して血流促進!柔らかくなれる「股関節体操」とは
太腿・ふくらはぎを刺激して血流促進!柔らかくなれる「股関節体操」とは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する