米国・ビクラムヨガ破産申請:11億円以上負債を抱え創始者は逃亡中

bikramyoga.com

米国・ビクラムヨガ破産申請:11億円以上負債を抱え創始者は逃亡中

YJ EDITOR
YJ EDITOR
2018-01-24

ビクラム・チョードリー氏のヨガビジネスは約11億円を上回る負債に直面し、昨年末、破産を申請した。ある弁護士は米司法制度の『抜け穴を悪用する』動きだと非難。

ビクラム・チョードリー・ヨガは、判決による約17億6000万円以上の支払いとビクラムヨガの創始者ビクラム・チョードリー氏に対するセクシャルハラスメントと暴行の申し立てに直面し、破産を申請した。昨年11月に破産裁判所に提出された裁判所文書によると、見積債務は約11億円~55億円、記載推定資産は0~約550万円とされる。

ビクラムヨガに対する債権者

提出書類には6人の債権者が記され、約8億8000万円の債権者であるホットヨガグルの元顧問弁護士ミーナークシー・“ミキ”・ジャファ・ボーデン氏が含まれる。去年5月にロサンゼルス郡最高裁のエドワード・モートン判事がチョードリー氏に対する逮捕令状を出し、ジャファ・ボーデン氏がセクシャルハラスメントと不当解雇に対する訴訟で勝訴した際の約7億4800万円の判決に対して営業収益を引き渡すよう命令した。チョードリー氏の保釈金は約8億8000万円に設定された。

 

ビクラムヨガ

ジャファ・ボーデン氏は、訴訟の中で他の女性に対するレイプ疑惑調査の隠蔽を拒否したことで2013年、ロサンゼルス・ヨガ・スクールの法務と国際部門の責任者から解雇されたと語った。また彼に不適切に触れられたとも語った。彼女に対する補償的損害賠償は約1億1000万円近くに上り、懲罰的損害賠償は約6億6000万円以上だ。

ジャファ・ボーデン氏の弁護士であるカーラ・V・ミンナード氏からヨガジャーナルに対する声明によると、チョードリー氏による米連邦破産法第11章に基づく実体が消滅しているビクラムヨガの破産申請は、「米司法制度の抜け穴を悪用する動きの一つ」だ。判決によりその実体は裁判所が指名した管財人がジャファ・ボーデン氏に代わり管理しており、チョードリー氏は既に所有や管理に関与していないからだ。またチョードリー氏は未執行の逮捕状が出ている逃亡者であり、メキシコのアカプルコに潜伏していると報告されていると指摘した。

Translated by Hiroe Humphreys

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ビクラムヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する