生徒に求められるスキルとは|先生と賢く付き合うための11の実践的なアドバイス

Getty Images

生徒に求められるスキルとは|先生と賢く付き合うための11の実践的なアドバイス

有意義なクラスになるかどうかは、先生との接し方に大きく左右される。先生との接し方、それはすなわち「生徒としての在り方」である。クラスに参加すれば、誰でも生徒になれると思われているが、実際はそうとは限らない。国際的に知られる瞑想とヨガ哲学の指導者であるサリー・ケンプトンは「生徒になることにもスキルが必要」と話す。ヨガティーチャーを目指す人も、ヨガを深めようと決めた人も、またヨガティーチャーとしてのふるまいに悩む人も…誰かに師事する/誰かを指導することの「スキル」について、今一度考えてみてほしい。

生徒に求められるスキルとは

20代のころ、私は古い流派に属する中国人の先生から太極拳を学んだことがある。中国国民党革命委員会の元将官であった先生は、私がそれまで経験したことのない次元の献身的な姿勢を求めた。毎朝6時にイースト・ハリウッドの公園で集まり、そこで先生は私たちを教え、しごき、情け容赦なく批判した。私は1年以上の間、日々の先生との練習以外にも、1日少なくとも4、5回は1人で一通りの型を通して練習した。純粋な武道式で教えていた先生は、決して褒めはしなかった。それどころか、太極拳を学ぶ姿勢に真剣味が足りないと、定期的に叱責された。その言葉は身に突き刺さるようだったが、おかげで厳しい練習を続けることができた。先生と過ごした時間は、自分の体やエネルギーとの関わり合い方を変えた。けれども、先生から主に学んだことは、生徒であることの意味合いについてだった。
表面上は、クラスに参加すれば誰でも生徒になることができるように思われる。しかし驚くべきことに、必ずしもそうとは限らない。生徒になることは、スキルを要するものなのだ。毎週行われているクラスに気軽に参加するときにも、自分がそこでどんな経験をするのかは、指導をどのように受け入れ、どんな質問をし、どのような態度で先生と接するかに大きく左右される。「あなたは本当に私の先生なのでしょうか?」という生徒の質問に対し、先生が「君は、本当に私の生徒なのだろうか?」と問い返して答えることがあるのはこのためだ。この質問はレトリックではない。師弟関係において、最終的な主導権を握るのは生徒のほうなのだ。生徒になろうという姿勢がない人には、どんな先生も教えることはできない。同時に、しっかりとした志を持つ生徒なら、凡庸な先生からも学ぶことができる。そして、本物の生徒が本物の指導者に出会う、そんなときに生徒の世界に変化が訪れるのだ。

Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.33掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する