スタジオが休みでも問題なし!休暇中にできるヨガとの向き合い方

Getty Images

スタジオが休みでも問題なし!休暇中にできるヨガとの向き合い方

須藤玲子
須藤玲子
2019-12-30

年末年始と言えば、世の中はイレギュラーなスケジュールが常。休暇中はヨガ三昧!と思ってもスタジオもお休み。なかなか思い通りにはいかないものです。また、毎週参加していたクラスもお休みで、なんだか調子が乱れちゃう…そんな不安もつきものですよね。スタジオがお休みの間は、どのようにヨガとつきあったらいいの?休み明けのヨガがより楽しくなるような年末年始の過ごし方をご紹介!

ヨガはどこでもできる

「どこでもできる」「ひとりでもできる」ヨガが愛されるのは、そんな手軽さも理由の一つです。スタジオのお休み中は、レッスンで学んだ事をおうちヨガで復習してみませんか?例えば1日1ポーズを練習するとしてみましょう。1週間のお休みなら少なくとも7つのポーズを練習できますよね。いつもと違う環境でヨガをやってみると、普段は気づけなかったことに気づいたり、インストラクターが言っていたことが腑に落ちたり、思いがけないうれしい発見があるものですよ。

動かなくてもヨガを楽しめる

ヨガはポーズを通して様々な気づきや学びを深めることができますが、身体を動かすことだけがヨガではありません。いつものヨガは、動くことがメインかもしれませんが、お休みの間は他の方法でヨガに触れ、楽しんでみませんか?

文字からヨガを楽しむ

ヨガをテーマに書かれた本はたくさんあります。本屋さんや図書館でチェックしてみましょう。ヨガのポーズ集を参考にしてみるのもあり!ポーズではなくヨガの歴史的背景について知識を得るのもあり!さらに学びを深めたいと思うなら、ヨガ哲学もおすすめです。哲学というと身近ではないイメージがあるかもしれませんが、ヨガ哲学には日常に生かせるヒントがたくさん含まれています。気負わずに気軽に読んでみましょう。色々な角度からヨガを知ることで、ますますヨガが楽しくなるはずですよ。

映像からヨガを楽しむ

本は専門的で難しそう…そんなイメージがあるのなら、ヨガをテーマにした映画やドキュメンタリーを鑑賞するのもおすすめです。普段はレッスンの動画を見る程度かもしれませんが、それとはまた違ったよい刺激になるはずです。映像から学ぶヨガは、ビギナーにもわかりやすく、イメージもしやすいはず。何を選んでいいのかわからないなら、インストラクターやヨガ友のおすすめを聞いて参考にしてみましょう!

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する