動画|お昼休みに30秒!肩こり・首コリ・目の疲れに効くヨガストレッチ

Getty Images

動画|お昼休みに30秒!肩こり・首コリ・目の疲れに効くヨガストレッチ

伊藤香奈
伊藤香奈
2019-11-29

パソコンを使った仕事をしていると、肩や首は思だるいし、夕方になると目もシパシパしてかすんできませんか?そんな時は、お昼休み等のちょっとした隙間時間に、簡単ヨガストレッチを取り入れてみて。

肩こり・首こりの原因は?

仕事中に肩が重い、首が疲れた…という時、その原因の1つは「同じ姿勢でいることによる血行不良」。さらに、肩こりや首こりによって頭痛を引き起こしているという方も多い模様。「もう無理…」となる前に、こまめにストレッチをしたり体を動かして体の中の巡りをよくしましょう。

【動画】昼休みに30秒のヨガストレッチ

椅子に座りながらでもできる、肩こり・首こりに効くヨガストレッチをご紹介します。動画に合わせながらゆっくりと動いてみましょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝗥𝗘𝗠𝗜 / ヨガインストラクター @目黒(@remi21)がシェアした投稿 - 2019年11月月19日午前6時27分PST

1)首回し

首ではなく「つむじ」を回すイメージで円を描きます。頭を後ろに回すときに首の後ろがつまる感じがしたら、無理にゴリゴリとせずにまずは前だけで動かします。頭を前にたれて左右にゆっくりと動かしましょう。手はそえずに頭の重みだけで動かしていきましょう。

・呼吸を止めずに行いましょう
・目は開いても閉じてもOK(閉じる場合は、軽く閉じるようにしましょう)
・眉間の力を抜いて顔全体の力を抜きます
・気分が悪くなったらすぐにやめましょう

2)肩回し

手を肩に添えて、「肘」を回すイメージで円を描きます。肘が体の前に来るときは、なるべく肘同士をくっつけるように意識します。肘が後ろをまわる時も、肘同士が背中側でくっつけるようなイメージで大きく回しましょう。

・呼吸を止めずに行いましょう
・最後の1周はゆっくりと。緩急をつけて回しましょう
・肩甲骨を意識できる人は、肩甲骨も動かすイメージで行います
・指先が肩につかない人は、無理につけようとしなくてOK

ライター/伊藤香奈
ヨガビジネスアドバイザー、ヨガインストラクター、ヨガライター、会社員。ハワイで全米ヨガアライアンス200時間を取得後、ヨガマットブランドにて新規ヨガイベントの立ち上げや新人講師発掘オーディションのプロデュース責任者等を歴任。800人以上のインストラクターと出会い、現在ヨガ雑誌やイベントの第一線で活躍するインストラクターを数多く育成・輩出する。2017年にヨガインストラクターのビジネスサポートを行う「ヨガビジネスアドバイザー」とヨガライターの活動をスタート。ヨガインストラクター向けビジネス講座を毎月開催している。Instagram:@itokana45

動画出演/REMI
元大手IT企業のwebプロデューサー。仕事最優先の日々を送る女性を、ヨガを通してサポートするため、インストラクターに転身。多忙だった自身の社会人経験を生かして「スキマ時間できるストレッチ」「日常にすぐ生きるヨガ哲学」などをレッスンやSNSで発信中。RYT200の他、アロマテラピーや食の資格も持ち、女性の心地よい暮らしを包括的に提案するための学びも深めている。Instagram:@remi21

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する