【30秒動画】ガチガチな首・肩のコリをゆるめるセルフケア

Mika Nihei

【30秒動画】ガチガチな首・肩のコリをゆるめるセルフケア

ヨガインストラクター仁平美香先生による「女性のためのヨガ(月経血コントロールヨガ)」を動画で学ぶ連載コーナー。足先や頭部などの末端からゆるめて【力みのない姿勢】を作り、体のゆるめる・しまるのバランスを整えるヨガです。このヨガを続けると呼吸が深まり、骨盤底筋群などのインナーマッスルが働きやすくなるだけでなく、内臓も正しい位置に収まり、下腹部にある子宮など女性に大切な臓器を圧迫しない体に!今回はセルフケア方法をご紹介!

首・肩まわりをほぐしてゆるめる「首回しストレッチ」

スマートフォンやパソコンでの作業など、同じ姿勢が続くと首や肩、背中まで凝りが広がってきます。放っておくと脳や肌への血流も悪くなり、頭がさえなくなったり、肌にうるおいがなくなる場合も。また、姿勢は悪くなくても激しい運動をする方は、首肩周辺にある呼吸を補助する筋肉が頑張りすぎて固くなりやすくなっている場合があるので、鍛えるだけでなくしっかりゆるめるためのケアをしていく必要があります。今回紹介する首をほぐすワークは、30秒程度で出来るので、ヨガの練習の前はもちろん、仕事中やトイレに立った際など、首、肩のコリが気になるとき、呼吸が浅くなっているときなど1日に何回か行ってみてください。

効果と目的

姿勢の悪さや同じ姿勢での作業などで固まった首、肩回りをほぐしてゆるめます。首肩周辺、頭部(脳や肌、頭皮)の血流改善。運動の前後にもおすすめ。

  やり方

1  椅子に座って行う他、ヨガマットに座ってでも、立ったままでもOK

2  手をクロスさせ、首の根本を指でしっかり押さえます。(痛くない範囲の圧で)

3  頭頂に筆があるのようなイメージをもち、筆で大きくてきれいな円を描くように首を回します。

4  5~10回ほど回したら反対回しも同様に行いましょう。

動画をチェック!

 

ポイント 

首を押さえるときの力は痛くない範囲でしっかり押さえたまま、首を回しましょう。首の根本を押さえながら行うと、ゆるめたい箇所に意識が向き、ただ首を回すよりも押さえながらのほうが、マッサージ効果も得られます。痛いときは圧をゆるめてください。

頭部や首を動かすときは首を痛めないよう、またゆっくり動かした方がリラックス効果も得られるので、できるだけゆっくり大きく回してみましょう。首が前に倒れているときは顎がのどに近づき、首が後ろに倒れているときは顎がしっかりあがるくらい大きな円を描くようにしてみましょう。

首をゆるめるために行うワークなので、体全体で円を描くのではなく、首から下の姿勢は保ったまま、頭頂で円を描くようにしてください。

教えてくれたのは…仁平美香
ヨガ講師(月経血コントロールヨガ、産後ママのためのメンテナンスヨガ、体軸ヨガ講師養成スクール講師)、セラピスト(内臓・骨盤底ケアforwomenなどのメニューを担当及び整体スクール講師)、栄養士。一般社団法人日本ホリスティックヘルスケア協会理事。女性のためのヨガ協会代表。女性のためのイベントYOGAWOMANにて講師を担当する他、企画運営にも携わる。「カラダをゆるめてこころを整えるはじめての月経血コントロールヨガ」「医師もすすめる血管美人ヨガ」等著書多数。雑誌・WEB等コラム監修も行う。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する