ヨガの先生が大切にしている物やお守りは

photo by Alex Haraus/canva

ヨガの先生が大切にしている物やお守りは

『ヨガジャーナル日本版』でおなじみの人気ヨガティーチャーたちに、大切にしている物やお守りを教えてもらいました。

ヒンドゥー教の聖典のひとつ『バガヴァッド・ギーター』

「教典『バガヴァッド・ギーター』を一日一章、熟読。迷ったときに『過去や未来など今ここにないものに悩んでどうする』と問いかけてくれます」(向井田みお先生)

先人たちの叡智を大切に|ヨガの先生が大切にしている物やお守りは?
経典

魔をよけ、瞑想をサポートする「マーラー」

「2017年夏、ギリシャ・クレタ島でのOdaka Yogaインターナショナルトレーニング終了後、ロベルト先生からいただき大切に身に着けています」(酒見駿介先生)

先人たちの叡智を大切に|ヨガの先生が大切にしている物やお守りは?
マーラー

インドに伝わる聖者の写真やパワーストーン

「我が家にある祭壇には『真我』を探究し続けた聖者ラマナ・マハルシ氏の写真やパワーストーンを。ほかにも大切なものを飾っています」(大友麻子先生)

先人たちの叡智を大切に|ヨガの先生が大切にしている物やお守りは?
聖者の写真

影響を受けたヨガ書籍、パタンジャリ像

「ヨガの本質を理解し啓蒙した佐保田鶴治先生の著書『ヨーガ根本教典』。ヨガをつくったパタンジャリの像はインド修行中に現地で購入」(中村尚人先生)

先人たちの叡智を大切に|ヨガの先生が大切にしている物やお守りは?
左:パタンジャリ像、右:「ヨーガ根本教典』

教えてくれたのは...

向井田みお先生
アンダーザライトヨガスクールでヨガ哲学クラスを担当。1999年、ヨガと出会い、2005年からSwami Dayanandaのもとで、インド哲学古典経典、瞑想、サンスクリット語を学ぶ。

酒見駿介先生
心身のバランスをとるメディテ―ションをきっかけにヨガと出会い、その奥深さに魅了され、2017年、日本人男性初のOdaka yogaアドバンスティーチャーとなる。Odaka yogaを主軸に、流派を超えたヨガの叡智、素晴らしさを伝えていくため、学び続けている。

大友麻子先生
ヨガインストラクター、ヒプノセラピスト。伝説のフリーダイバー、ジャック・マイヨール氏に感銘を受け、1995年頃から世界各地でヨガを学ぶ。現在は都内を中心にさまざまな場所でヨガとボディワークを指導している。インスタグラム:@asako.yoga.tokyo

中村尚人先生
理学療法士、ヨガインストラクター。「TAKT EIGHT」主宰。UTLにてヨガの解剖学の講師を担当。医療とボディーワークの融合、予防医学の確立を目指し活動中。近著に『ヨガの生理学』(BABジャパン)がある。

Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.65掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

先人たちの叡智を大切に|ヨガの先生が大切にしている物やお守りは?
先人たちの叡智を大切に|ヨガの先生が大切にしている物やお守りは?
先人たちの叡智を大切に|ヨガの先生が大切にしている物やお守りは?
先人たちの叡智を大切に|ヨガの先生が大切にしている物やお守りは?
ヨガの先生が大切にしている物やお守りは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する