「肩」の動きをヨガポーズで整理しよう!理学療法士が解説、肩関節の8方向の動き

Getty images

「肩」の動きをヨガポーズで整理しよう!理学療法士が解説、肩関節の8方向の動き

堀川ゆき
堀川ゆき
2019-08-22

肩関節とは

さて、肩関節は私達の身体の中に一体いくつあるか知っていますか?右肩と左肩を合わせて2つ?いいえ、実は肩関節は一人の身体につき10個あるのです。

肩関節とは、

・肩甲上腕関節(けんこうじょうわんかんせつ)
・胸鎖関節(きょうさかんせつ)
・肩鎖関節(けんさかんせつ)
・肩甲胸郭関節(けんこうきょうかくかんせつ)
・肩峰下関節(けんぽうかかんせつ)

の5種類の関節をまとめた総称です。

肩5関節
引用:川島敏生「ぜんぶわかる筋肉・関節の動きとしくみ事典」

片腕に5つずつこれらの関節があるので、両肩合わせて肩関節は10個です。知らなかった方も多いかもしれません。これらすべての関節が協力して関わり合うことで、腕をいろんな方向に動かすことを可能にしています。そして肩関節は、胸骨・鎖骨・肩甲骨・肋骨・上腕骨という5つの骨から構成されており、これらを合わせて「肩複合体」といいます。

一般的に肩関節とは、この5つの関節のうちの「肩甲上腕関節」のことを指します。多くの人が「肩関節」といわれてイメージする部位で間違いないと思います。

肩甲上腕関節(以下、肩関節)は、肩甲骨と上腕骨から構成されています。

肩関節は、上腕骨の大きな凸状をした上腕骨の骨頭と、浅い凹状をした肩甲骨の関節窩で形成されている球関節です。関節窩は上腕骨頭の約1/3を覆うだけの緩い適合となっているため、非常に広い可動性を有しています。

骨頭と関節窩
引用:川島敏生「ぜんぶわかる筋肉・関節の動きとしくみ事典」

その反面、最も不安定で怪我を起こしやすい構造をした関節でもあります。肩関節脱臼、野球肩、五十肩などの肩関節周囲炎、腱板断裂などが主な肩の障害です。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

肩甲骨の動き6方向
肩5関節
ヴィーラバッドラーサナ1
内転と外転
外旋
内旋
ウッティーハスタパーダングシュターサナ
パリヴルッタトリコナーサナ
ゴムカーサナ
ガルーダーサナ
肩関節角度
内旋3ポーズ
骨頭と関節窩
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する