開脚、逆転…安全に行うコツ|理学療法士に学ぶヨガのための解剖学

yoga Journal

開脚、逆転…安全に行うコツ|理学療法士に学ぶヨガのための解剖学

ヨガのポーズには、開脚、アームバランス、逆転、座位、後屈などさまざまなポーズがあります。解剖学的に見た安全に上達を目指すためのコツとは? 理学療法士でヨガインストラクターの中村尚人先生に教えていただきました。

開脚ポーズで股関節が開きやすくなるコツ

ベターっと前屈に憧れているからと言って、無理な開脚ストレッチは禁物。なぜなら生まれつきの骨格が原因で開脚がしづらい人もいるから。あなたの硬さの原因は骨格?それとも筋肉?まずはチェックしてみましょう!

記事を読む

開脚ポーズ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

アームバランスでの手首の使い方

二の腕で体全体を支えるアームバランス。見た目もカッコいいこのポーズですが、手首のケガが多い一面も。安全に行うコツは手首の使い方。手のアーチをつくっている筋肉が正しく働いているかが重要です。早速コツをチェック!

記事を読む

アームバランス
Photo by Shoko Mastuhashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

開脚ポーズ
アームバランス
逆転ポーズ
座位ポーズ
後屈ポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する