寝苦しい夜を快適&寝つきやすく!今夜から実践したいたった2つのこと

Getty Images

寝苦しい夜を快適&寝つきやすく!今夜から実践したいたった2つのこと

瞑想を日常に取り入れてみよう

耳にはするけどなんとなく難しそう、よく分からないと感じるのが「瞑想」ではないでしょうか。瞑想もシャバーサナと同じで頭の中を無にしていきます。イメージとしては脳を休憩させてあげるような感覚です。瞑想はどんな姿勢でも構いませんので、寝る前に限らず普段の生活の中にも取り入れやすいです。そのまま眠りについても大丈夫な状態にしておいて、徐々に思考のスイッチをオフにしていきます。無になることが難しければ、ご自身の呼吸に意識を向けてあげましょう。慣れるまでは頭の中であれこれ考えてしまうかもしれません。そんな時は「あっ違うことを考えていたな」と引き戻してあげれば大丈夫。瞑想に慣れていくとイライラしていたり、感情が高ぶっている時でも本来の自分らしさを取り戻しやすくなるので日常生活でも支えになってくれるでしょう。

ちょっとした工夫で不快な夜を快適に

寝付けない時はどうしても何で眠れないのだろう?今何時だろう?明日も早く起きなくちゃいけないのに・・・とどうしても頭の中で色々なことを次から次へと考えてしまいがち。それが余計に寝付きを悪くしてしまう原因にもなります。だからこそ、シャバーサナや瞑想をぜひ日常に取り入れてみてください。気持ちがどんどん落ち着いていくのを実感するでしょう。嫌な時期だからこそちょっとした工夫で快適な夜を過ごしてみませんか。

ライター/古賀奈津美
商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消の為に始めたヨガにハマり、ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。最初は週末のみインストラクターをしていたが、もっとスキルを上げたいと思い思い切ってフリーランスのヨガインストラクターへと転職。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在は妊娠中につきレッスンはお休み中、自宅にてヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

  • 2
  • /
  • 2

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する