梅雨明け前に要チェック!「夏太り」を防ぐ7つの習慣

Getty Images

梅雨明け前に要チェック!「夏太り」を防ぐ7つの習慣

須藤玲子
須藤玲子
2019-07-04

夏太りしないための7つの生活習慣

夏太りしないためには普段の生活習慣を見直すことが大切です。少しだけ意識を変えて改善してみましょう。

1.身体を冷やし過ぎないように気をつける

過度な冷やし過ぎは、血行不良やむくみの原因になります。エアコンの効いたオフィスではひざ掛けやストールなど、羽織るものを活用しましょう。また、仕事の合間にストレッチをしたり、長時間座りっぱなしにならないようにトイレに立つついでに歩くこともおススメです。

2.涼しい朝のうちに軽めの運動をする習慣を身に着ける

暑い日は意識的に外出を避けたり、移動中もエスカレーターやエレベーターを使ってなるべく汗をかかないようにしたり、夏は意外にも運動不足になりがちです。熱中症にならないためにも炎天下の運動はおススメしませんが、涼しい朝のうちに軽めのウォーキングをしたり、朝ヨガのレッスンに参加してみるのはいかがでしょうか?また、日差しが気になる人はフィットネスジムのプールなどもおススメです。ジムやスタジオに通うのが億劫であれば、DVDやアプリを使っておうちヨガやエクササイズで運動不足を解消しましょう!

3.冷たいものに含まれる糖分に注意する

暑い日に口にする冷たいもののおいしさは格別!でも、ジュース類やアイスには自分が思う以上に砂糖が多く含まれていることを忘れてはいけません。私たちの味覚は、冷えた状態だと甘味などの味を感じにくくなると言われています。知らず知らずのうちに糖分を摂り過ぎてしまう可能性があるのです。普段はお茶やお水なのに、夏になるとつい甘いものを食べたり飲んだりしてしまう人は要注意です。同様の理由で、スポーツドリンクやエナジードリンクの摂り過ぎにも気をつけましょう。

4.シャワーだけでなく湯船につかって身体を温める

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する