左右開脚が変わる筋膜リリース|体を少し動かすだけで柔軟性アップ!その方法とは

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

左右開脚が変わる筋膜リリース|体を少し動かすだけで柔軟性アップ!その方法とは

ボディケア法として話題の「筋膜リリース」。ヨガに活かせる簡単な方法を、峯岸先生に教えていただきました。指先・足先を少し動かすだけで、柔軟性が劇的に変わります!今回は、左右開脚をラクにする筋膜リリースをご紹介。

左右開脚のための筋膜リリース:深前線と後機能線をゆるめよう

深前線(Deep Front Line)とは

深前線は足から頭蓋までをつなぐ筋膜のつながりで、体の中心・深層部を通っています。下半身では、足、膝裏、内腿の筋膜をつないでいるので、左右開脚で鍵となる内転筋の柔軟性を左右します。

深前線(Deep Front Line)
Illustration by Misako Nakagawa

深前線のゆるめ方

1.末端刺激で内転筋群をゆるませる

深前線の末端にある後脛骨筋にアプローチして、深前線全体をゆるめます。深前線は、大内転筋も通っているので、後脛骨筋を動かすと、内転筋群に触れずに、内腿を柔軟にすることができます。後脛骨筋は、すねの骨の間から土踏まずの内側に付着する筋肉。場所さえ覚えてしまえば、いつでも簡単に押してゆるめることができます。

HOW TO

1.内くるぶしから指8本分上の位置で、すねの骨の内側のへこんでいるところ(●印のあたり)を探す。ここが後脛骨筋の起始部。
※骨への付着部のうち、体の中心に近いほうが起始部、遠いほうが停止部。

末端刺激で内転筋群をゆるませる
●印のあたりが後脛骨筋の起始部
末端刺激で内転筋群をゆるませる
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

2.手で1の内くるぶしの部分、左手で土踏まずの内側をそれぞれ押して、1分半もみほぐす。反対側も同様に行う。

POINT:土踏まずの内側の指が入る場所を押す。ここが後脛骨筋の停止部。

末端刺激で内転筋群をゆるませる
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Hair&make-up by Makoto Morikawa(PEACE MONKEY)
Illustrations by Misako Nakagawa
Text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.62掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

深前線(Deep Front Line)
末端刺激で内転筋群をゆるませる
末端刺激で内転筋群をゆるませる
腿の外側刺激で膝の動きを柔軟に
筋膜リリースで開脚系ポーズが深まった!(BEFORE)
筋膜リリースで開脚系ポーズが深まった!(AFTER)
末端刺激で内転筋群をゆるませる
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する