左右開脚が変わる筋膜リリース|体を少し動かすだけで柔軟性アップ!その方法とは

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

左右開脚が変わる筋膜リリース|体を少し動かすだけで柔軟性アップ!その方法とは

後機能線(Back Functional Line)とは

機能線は、体の前面を通る前機能線と背面を通る後機能線、体側を通る同側機能線の3つがあります。ここでは腕の付け根から背中・お尻・太腿の外側、膝をつなぐ後機能線にアプローチします。

後機能線のゆるめ方

1.腿の外側刺激で膝の動きを柔軟に

左右開脚で膝が浮いてしまうのを防ぐには、後機能線をリリースして膝の伸びを良くします。脚を交差させて膝を抱えるこのポジションは、ヨガなら骨盤を真っすぐ立てるところですが、後機能線のリリースでは、腕の付け根・背中・対角の骨盤・太腿の外側が伸びるようにしたいので、骨盤は後傾させておきましょう。

POINT:左坐骨が浮くと太腿の外側が伸びないので、鼠蹊部を押さえて。
左脚を右脚にかぶせ、膝を抱える。左の鼠蹊部を親指で床へ押す。呼吸しながら1分半キープ。反対側も。

腿の外側刺激で膝の動きを柔軟に
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

筋膜リリースで開脚系ポーズが深まった!

両脚を開いたときの、内転筋群の柔軟性をチェックしてみると、内腿や膝裏が伸びて開脚が広くなった!

BEFORE

筋膜リリースで開脚系ポーズが深まった!(BEFORE)
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

AFTER

筋膜リリースで開脚系ポーズが深まった!(AFTER)
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

教えてくれたのは...峯岸道子先生
Body&MindYogaスタジオ代表。フィジカル的アプローチを得意とし、「すべての人のためにヨガはある」という思いのもと、肩甲骨ヨガ、背骨メンテナンスヨガ、ヨガ棒など独自のメソッドを多数開発している。

モデルを務めてくれたのは...伊藤ニーナさん
雑誌『GINGER』(幻冬舎)、『CLASSY.』(光文社)などのファッション誌で活躍中。「TOKYOGIRLSCOLLECTION」など大型ファッションイベントにも多数出演している。Instagram⇒@ninaitoh

  • 2
  • /
  • 2

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Hair&make-up by Makoto Morikawa(PEACE MONKEY)
Illustrations by Misako Nakagawa
Text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.62掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

深前線(Deep Front Line)
末端刺激で内転筋群をゆるませる
末端刺激で内転筋群をゆるませる
腿の外側刺激で膝の動きを柔軟に
筋膜リリースで開脚系ポーズが深まった!(BEFORE)
筋膜リリースで開脚系ポーズが深まった!(AFTER)
末端刺激で内転筋群をゆるませる
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する