体が硬くてもすぐできる【5つのリラックスヨガポーズ】プロップスを使って心と体をゆるめる

Getty Images

体が硬くてもすぐできる【5つのリラックスヨガポーズ】プロップスを使って心と体をゆるめる

ヨガのポーズをサポートしてくれるプロップスは、リラックスポーズ時にもおすすめ。5つの使い方をヨガインストラクターの平賀恭子先生に教えていただきました!

プロップスを使ったリラックスポーズ

プロップスとはヨガのポーズをとるときに用いる補助用具のことで、クッションのようなボルスター、高さを変えて使用でき体を支えられるヨガブロック、ストレッチなどにも使えるベルト、体の保温に役立つブランケットなどがあります。同じリラックスでも、朝は“開く”ポーズ、夜は“ゆるめるポーズ”が◎。プロップスのサポートで無理なく楽しんで。

1.ボルスター×「胸と肩甲骨が開いていく仰向けのポーズ」

床に置いたボルスターが肩甲骨の間に来るように位置を調節し、腕を上げて仰向けに寝る。肩が下がり、背骨に沿って胸が気持ちよく開くのを感じながら、自然呼吸。5~10分キープ。

リラックスポーズ
photo by Shinobu Kamiyama

2.ボルスター×ブロック×「首や肩の緊張をほどく楽な座位の前屈」

足裏を合わせて座り、間にブロックを立てて置く。その上にボルスターをのせ、お腹から沈める感覚で上半身をゆだねる。自然呼吸で股関節がゆるむのを感じて。

リラックスポーズ
photo by Shinobu Kamiyama

3.筒型のボルスター×「体側を開くポーズ」

筒型は、体側(脇)を開くのに最適。ウエストの下にボルスタ―が来るように左膝を前に出して横向きに寝て、頭上のブロックに手を置く。自然呼吸で、反対側も同様に行う。平賀先生おすすめのボルスターは、Nishitani STYLEの特製ボルスター

リラックスポーズ
photo by Shinobu Kamiyama

4.ベルト×股関節をゆるめる横たわった合せきのポーズ」

HOW TO

1.合せきのポーズで座り、輪にしたベルトを足の甲と腰にかける。

リラックスポーズ
photo by Shinobu Kamiyama

POINT:仰向けに寝る前は、ベルトの輪はゆるめにセット。きついと寝ころべないので注意を。

3-2
photo by Shinobu Kamiyama

2.仰向けに寝転ぶ。ベルトを引き、かかとを恥骨に引き寄せ、呼吸しながら股関節をリラックス。ベルトを使うと気持ちよさアップ!

リラックスポーズ
photo by Shinobu Kamiyama

5.ベルト×「脚裏全体を伸ばし骨盤の位置を調整」

仰向けになり左足は右の腿にのせ、右足はまっすぐ伸ばし指のつけ根にベルトをひっかける。ベルトを引っ張りながら足裏を天井に向け、この姿勢で数呼吸する。反対側も同様に。

リラックスポーズ
photo by Shinobu Kamiyama

教えてくれたのは…平賀恭子 先生
studio SHANTI 201代表。ビジネスマンのためのヨガを指導。

Photos by Shinobu Kamiyama
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya Kaori Watanabe(FIX-UP)
Model by Yuki Nakamura
Text by Ayako Minato Yoriko Kinoshita
yoga Journal日本版Vol.40掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

リラックスポーズ
リラックスポーズ
リラックスポーズ
3-2
リラックスポーズ
リラックスポーズ
リラックスポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する