リラックス系ヨガにおすすめのヨガマットって?

SHOKO MATSUHASHI

リラックス系ヨガにおすすめのヨガマットって?

ヨガを安全に行うのに、ヨガマットは不可欠。目的に合わせてヨガマットを選ぶのも大事なポイントです。そこで、スタジオヨギーエグゼクティブディレクターのキミ先生と、ヨガスタジオ東京代々木主宰・大友麻子先生にヨガマット選びのコツを取材。今回は、リラックス系ヨガをするのに最適なヨガマットを選んでいただきました。

リラックス系ヨガには5~6㎜タイプが最適

このタイプのメリットは、厚みがあって、床の硬さを感じにくいこと。「やせ型の人やリラックス系ヨガ向き。柔らかすぎず、安定感のあるものを」(大友先生)。「膝などををついても痛くなりにくいので、初心者にいいですね。深く沈みこまないものがベター」(キミ先生)。

 

スリア HDエコマットプラス 6㎜

リラックス系ヨガマット
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

高密度なオリジナル素材が心地よさを生み出す。発泡率にこだわったハリとコシのある素材で、高いクッション性と安定性を両立。厚みの割に持ち運びやすい軽さもGOOD。「やわらかで弾力があり、快適! 関節が床にあたるポーズや、シニアにもおすすめ」(大友先生)、「ぬくもりある素材が冷えをガード。抜群のグリップ力でポーズが楽にとれますね」(キミ先生)

長さ183㎝×幅61㎝×厚み6㎜、重さ約0.9㎏ ¥5,800/スリア銀座店

 

イージーヨガ エコ ダブルフェイスヨガマット

リラックス系ヨガマット
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

ルックスと実用性を兼ね備えたベストセラー。色違いの両面リバーシブル&エンボスの花柄がキュート。体のポジションやアライメントが確認できるセンターラインも、多くのヨギに愛される理由のひとつです。「厚みはしっかりなのにライトな感触。心地よくリラックスできそうなマットです」(大友先生)、「水分を吸収しやすく、手汗をかく人でもしっかりグリップできるのがいいですね」(キミ先生)

長さ183㎝×幅61㎝×厚み6㎜、重さ約1.0㎏ ¥11,800(税込み)/イージーヨガ・ジャパン

 

マンドゥカ Welcome ヨガマット

リラックス系ヨガマット
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

海外の一流ヨギが愛用するマンドゥカ。高密度なハイテク機能はそのままに、2016年2月に発売されたお手頃なエントリーモデル。「厚みがあるのに安定感は抜群。センターのラインも足の位置の目安になっていい! 」(キミ先生)、「間に芯が入っているので丈夫そう。品質に対するコストパフォーマンスが高い! 」(大友先生)

 

長さ173㎝×幅61㎝×厚み5㎜、重さ約1.0㎏¥6,800/プラヴィダ

 

ヨガワークス ヨガマット6㎜

リラックス系ヨガマット
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

床にあたる体の部分をやわらか素材でプロテクト。製造や輸送で排出されるCO2をオフセットし、環境に配慮した定番マットの6㎜タイプ。床にあたる部分をしっかりサポートします。「厚みがあるので、シャヴァーサナは特に気持ちよさそう! コスパも◎」(大友先生)、「やさしくふわふわした感触は、陰ヨガや瞑想系のポーズなどに合いそうです」(キミ先生)

 

長さ173㎝× 幅61㎝× 厚み6㎜、重さ約1.3㎏¥4,000/ヨガワークス

リアルストーン マーブルヨガマット

リラックス系ヨガマット
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

人気ヨガウェアブランドならではの絶妙なブレンドカラーがおしゃれな1枚。やわらかな肉厚の素材が、体の負担をやわらげます。「リーズナブルな価格はマイマットの入門編に。気分の上がる色選びも大切です! 」(大友先生)、「かなりソフトなので、座位のポーズや膝などをつくと痛い人に向いています」(キミ先生)

長さ180㎝× 幅60㎝×厚み6㎜、重さ約1.5kg ¥2,800/ボディーアートジャパン☎03-6712-6440
 

 

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Nobuko Okamoto
yoga Journal日本版Vol.52掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

リラックス系ヨガマット
リラックス系ヨガマット
リラックス系ヨガマット
リラックス系ヨガマット
リラックス系ヨガマット
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する