タイの国際的なヨガ&ウェルネスイベントとは?主催者にチャヤダ氏にインタビュー

Chayada

タイの国際的なヨガ&ウェルネスイベントとは?主催者にチャヤダ氏にインタビュー

日本語・韓国語・英語・スペイン語が堪能、世界中を飛び回り、旅をしながらヨガを指導する、福岡「YOGABREEZE」のディレクターであり、NY発の「ジヴァムクティヨガ」のアドバンス指導者ヒッキーことパク ヒキさんの連載がスタート。今回は、元ヨガジャーナル タイ版の発行人、Chayada(チャヤダ)氏にインタビュー!

「ヨガジャーナル タイ」元発行人 チャヤダ氏インタビュー

日本人に人気の海外旅行先、タイ。首都のバンコクは日本から直行便も増えて行きやすくなり、微笑みの国タイでの観光、タイ料理、買い物、マッサージを楽しむ方は増えつつあります。タイでヨガ?となると、まだピンとこない方も多いかと思いますが、5年前からヨガジャーナル タイ版が発行されるなど、ヨガの人気は徐々に高まっているようです。

今回のコラムではタイのヨガ人気の火付け役となった元ヨガジャーナル タイ版の発行人、Chayada(チャヤダ)氏にインタビューし、タイのヨガ事情と日本人もウェルカムな彼女が主催する国際的なヨガイベント、そしてヨガとは全く無縁のマーケティングのプロであるキャリアーウーマンだった彼女が、今やヨガにはまりヨガ雑誌の発行人となり、様々なヨガとウェルネスのイベントを主催するようになったのか、をインタビューしました。

Q:ヨガとの出会いは?

7年前、マーケティングと広告の仕事で疲れた時、休暇を取り一人娘を連れてインドのリシケシに行ったことがきっかけです。そこで人生初めてヨガと瞑想を体験し、心と体が動き、驚き、感動しました。これは広めるべきと思い、バンコクに戻ってすぐにスタジオを開きました。私のメインの仕事はマーケティングでしたので、リシケシやプナから先生を連れてきて教えてもらいました。

パクヒキ
パクヒキさん(写真左)、チャヤダさん(写真右)

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

パクヒキ
ビーチヨガ
A
ヨガイベント
ヨガイベント
サップヨガ
ビーチヨガ
Asia Wellness Conference
Asia Wellness Conference
Asia Wellness Conference
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する