初めてのヨガリトリート、知っておくべき7つのこと

初めてのヨガリトリート、知っておくべき7つのこと

リトリートを存分に楽しむ秘訣は、前もってある程度時間をかけて自分に合うプログラムを探すことだ。長年リトリートで指導をしているインストラクターたちが、初めてのリトリートを有意義な体験にするために7つのアドバイスをする。

ヨガリトリートダウンドッグでかかとが床に難なくつくような上級者向けのものだと思っていたら、それは間違いだ。通常のレッスンと同じように、リトリートにもさまざまなニーズやレベルに対応するものが揃っている。重要なのは、前もってある程度時間をかけて自分に合うプログラムを探すことだ。ヨガにサーフィンや瞑想、または書くことを組み合わせたさまざまなクラスのなかから、自分がいちばん求めているものは何なのか考えてみよう。

「私自身にとっても私のリトリートに参加される方にとっても、リトリートでの経験は刺激的で心身を活性化させるものであってほしいと思っています。疲労感が残るような経験にはしたくありません」サンフランシスコにあるヨガ・フローSFで指導するほか、毎年カリフォルニア州マヤカマス山脈で開かれるリトリートでも指導しているアンナ・ヒューズはこう語る。「リトリートに時間を割くことにしたのですから、リトリートを存分に楽しんで心から満足するべきなのです」

長年リトリートで指導しているインストラクターたちはその辺りの事情を熟知している。今回は、そういった指導者たちが、リトリートに申し込む前に皆さんに考慮してほしいことについて語ってくれる。この7つのアドバイスを取り入れれば、初めてのリトリートを思い切り楽しめるに違いない。

Translated by Setsuko Mori

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する