ヨガ初心者・体が硬い・柔らかすぎ...ダウンドッグはタイプ別に攻略しよう!

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

ヨガ初心者・体が硬い・柔らかすぎ...ダウンドッグはタイプ別に攻略しよう!

基本ポーズでありながら、苦手意識を持つ方が多いダウンドッグ。ひとえに苦手と言えど、体のタイプは人それぞれ。そこで、体が硬い人、ヨガを始めたばかりの人、体が柔らかすぎる人の3タイプに分けてダウンドッグの攻略法をご紹介します。

タイプ別! ダウンドッグの極め方3つ

1.ヨガビギナーは...

#ヨガの壁|ふんばりダウンドッグは初心者の証…脱出するためのポイント

腕も、肩も、お腹も、お尻も、脚も...とにかく全身がツラくて、今すぐうつ伏せになりた~い! 写真のようにふんばっちゃう人は、「意識すべき」基本的なポイントをおさえましょう。自然に正しく体が使えるヨガブロックを使ったワークをご紹介!

初心者のダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

記事を読む

 

2.体が硬い人は...

#ヨガの壁|体が硬くて辛いポーズ=ダウンドッグを覆す!完成前に行うべき1動作とは?

ダウンドッグは背中を伸ばすポーズ。体が硬い人は重心がずれがちなので、「1動作」を覚えて体の位置を整えましょう。詰まりがちだった肩や、突っ張ってしまったハムストリングも次第に柔らかくなっていきます!

体が硬い人のダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

記事を読む

 

3.柔らかすぎる人は...

#ヨガの壁|お腹の力が抜けちゃう!柔らかすぎる人へのダウンドッグ指南

体が柔らかければ柔らかい程よいと思っている人は要注意! 体が柔らかすぎるとポーズにブレーキがかからないため、意図せず危険なポーズになってしまうことも...。正しいスタンスを覚えて、安全にダウンドッグを極めましょう!

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

記事を読む

いかがでしたか? ヨガレッスンで頻繁に登場するポーズなので、スムーズに行えるといいですね!

 

教えてくれたのは...
佐藤ゴウ先生
IHTA理事、ヨガインストラクター。YMCヨガティーチャートレーニングではインストラクターの育成にも当たっている。

HANAE先生
幼少よりバレエを習い、第一子出産後にアシュタンガヨガを始める。現在は多数のヨガイベントにも出演している。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダウンドッグ
体が硬い人のダウンドッグ
初心者のダウンドッグ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する