#ヨガの壁|お腹の力が抜けちゃう!柔らかすぎる人へのダウンドッグ指南

Nobuhiro Miyoshi

#ヨガの壁|お腹の力が抜けちゃう!柔らかすぎる人へのダウンドッグ指南

柔らかすぎてフニャフニャしちゃう体も困りもの。柔らかすぎる人代表・タレントの宮沢セイラさん、お腹の力が抜けちゃってます! でも、これだとダメなの? 教えて、佐藤ゴウ先生、HANAE先生!

ヨガの壁:体幹が弱く“開きすぎ”…

体が柔らかい人はついつい反りすぎて、体幹の力が抜け、後屈に近いダウンドッグになりがち。手と足の距離が近いことも多いので、まずは正しいスタンスとお腹の引き込みを覚えて。

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

NGポイント1:腹斜筋が弱く反り腰気味になっている

柔らかい人は腹斜筋や腹直筋などが弱く、お腹の力が抜けやすい。腰が反って後屈になってるよ!

NGポイント2:胸が開きすぎている

胸が開いて、肋骨が前に出すぎています。お腹の引き込みを意識して!

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Styling by Chie Hosonuma
Hair&make-up by Sachiko(U-REALM)
Text by Megumi Nishijima
Yogajournal日本版vol.58掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダウンドッグ
チャイルドポーズ
ダウンドッグ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する