ダウンドッグが辛い人必見!ポーズ完成前に行うべき動作とは?

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

ダウンドッグが辛い人必見!ポーズ完成前に行うべき動作とは?

誰でも一度はぶち当たる「ヨガの壁」。体の硬さに悩む人にありがちなのが、ダウンドッグが安定せず、グラグラしてしまうこと。目からウロコの改善法を教えてくれたのは、人気ヨガ講師の佐藤ゴウ先生とHANAE先生!

悩み:グラグラ、プルプル…ダウンドッグが辛い

ハムストリングが突っ張ってかかとが床につかず、体重が前に流れがち。これでは肩が詰まって呼吸が深まりません。股関節も硬いため腰が丸まって背骨が伸びず、気持ちよさとは無縁に。

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

NGポイント1:かかとがつかず体がグラグラ
脚の後面が硬くてかかとが浮くと重心が不安定に。膝を曲げてもいいんですよ~。

NGポイント2:骨盤が後傾して背骨が伸びていない
股関節が屈曲しにくくて骨盤が後傾しちゃってるね。背骨が伸びずに苦しそう……。

改善方法:一度つま先立ちになって背骨&ハムストリングを伸ばす

背骨を真っすぐ伸ばす感覚を覚えるには、この練習が有効。ハムストリングも少しずつ柔らかくなっていく。

HOW TO

1.両膝を曲げ、まずは背骨を伸ばすことを意識。

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

2.その状態からかかとを上げ、つま先立ちになる。

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

3.お尻の位置は変えずにかかとを遠くに下ろす。

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

教えてくれたのは...

佐藤ゴウ先生
IHTA理事、ヨガインストラクター。YMCヨガティーチャートレーニングではインストラクターの育成にも当たっている。

HANAE先生
幼少よりバレエを習い、第一子出産後にアシュタンガヨガを始める。現在は多数のヨガイベントにも出演している。

モデルを務めてくれたのは...平沼ファナさん
数々のファッション誌の読者モデルとして人気を博し、現在はテレビや雑誌などで活躍中。ヨガインストラクターの資格も持つが、「全身が硬いのであらゆるポーズが苦手……」。

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Styling by Chie Hosonuma
Hair&make-up by Sachiko(U-REALM)
Text by Megumi Nishijima
Yogajournal日本版vol.58掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダウンドッグ
ダウンドッグ
ダウンドッグ
ダウンドッグ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する