#ヨガの壁|ふんばりダウンドッグは初心者の証…脱出するためのポイント

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

#ヨガの壁|ふんばりダウンドッグは初心者の証…脱出するためのポイント

ダウンドッグがお休みのポーズだなんて信じられない!」思っている方、レッスン中、ふんばっちゃってませんか?初心者代表のモデル・石井エミリーさん、とっても辛そうです...。解決法を、人気ヨガ講師の佐藤ゴウ先生とHANAE先生が伝授!

ヨガの壁:頑張りすぎ&ふんばりすぎで三角形にならない!

初心者はそもそも意識するポイントがわからず混乱しがち。足幅や、上半身が逆さまになっても肩を引く意識を持つなど基本的なポイントを押さえるだけでポーズの精度はグンと上がります。

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

NGポイント1:足幅が広すぎ

足の幅は腰幅程度が目安。広すぎると、本来刺激したい筋肉が使えていない状態だよ。

NGポイント2:肩が引けていない

立っているときと同様に肩甲骨をお尻の方に引き、肩を開く意識を持って!

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Styling by Chie Hosonuma
Hair&make-up by Sachiko(U-REALM)
Text by Megumi Nishijima
Yogajournal日本版vol.58掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダウンドッグ
ヨガブロック
ヨガブロック
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する