ヨガティーチャーの1日&1週間に密着!~佐藤ゴウ先生の場合~

Shoko Matsuhashi

ヨガティーチャーの1日&1週間に密着!~佐藤ゴウ先生の場合~

とある日の過ごし方「ヨガで精神性を高めて周りも自分も大切に」

5:00 起床・シャウチャ(掃除)

「朝起きて最初に行うのが自宅の掃除。空間も自分の一部と考え、心地よくいられる環境を自分で作っていきます。身の回りをきれいにすることで心が整い穏やかに」

佐藤ゴウ
毎朝の掃除は念入りに行い、部屋をピカピカに。

6:00 ヨガ練習・瞑想

「朝の太陽礼拝5回はマスト。アーサナは30分~1時間、カパラバティ500回、最後に15分の瞑想を行ってお風呂で水浴び」

佐藤ゴウ
朝の瞑想で、集中力をアップさせる。

8:00 移動・出社

「YMC新宿校へ移動。移動の電車では、読書や音楽を楽しみます。電車の揺れや周りの音を敏感に感じ取り、意識を集中させて呼吸を整えるなど瞑想をすることも」

佐藤ゴウ
移動中に音楽を楽しむ時はAKGのヘッドフォンを愛用。

14:00 昼食

「昼食はほとんど毎日、おにぎり2個とスープをいただきます。午後のクラスに備え、体が重たくならない量とメニューがベストです」

昼食
酵素玄米のおにぎりとスープを持参。

15:00 レッスン・事務作業

「レギュラーレッスンや指導者コースの時間。クラス終了後は、生徒さんとお話しして、学校の事務作業や打ち合わせなど。雑誌の取材が入ることもあります」

ヨガレッスン
アーサナだけでなく、ヨガ哲学も指導。

17:00 男ヨガレッスン

「女性入室禁止の『男ヨガ』クラスを担当。パワフルに動いて発汗し、最後は深い瞑想状態へ。常連メンバーも徐々に増えてきました」

19:00 退社・移動

「SNSをチェックしたり、ヨガ哲学の本を読みながら電車で帰宅。パワフルなクラスの後は、電車の中で瞑想をしながら心を鎮めています」

スワミ・チダナンダ の本
友永ヨーガ学院で購入したスワミ・チダナンダの本を愛読。

20:00 軽めの夕食

「夕食はスープとサラダ中心の軽めのメニュー。睡眠の質を高めて体をしっかり休めたいので、食べすぎや飲みすぎに気をつけています。満腹になる少し手前でストップ」

ワイン
最近は、奥さんの影響で赤ワインを愛飲。

21:00 家族の時間

「結婚をしてから大切にしているのが夫婦の時間。お互いを理解し、高め合うためにもゆっくり向き合う時間を作るようにしています」

佐藤ゴウ夫婦
二人が自然体でいられて一番落ち着く時間。

23:00 就寝

「5分程度のストレッチで体をほぐし、瞑想で心を落ち着けるとぐっすり寝られます」

佐藤先生の1週間のお仕事スケジュール

指導者向けクラスからレギュラークラスまで、幅広く担当。最近はあえてクラスの本数を減らし、以前に増してクオリティを重視する傾向に。

ヨガインストラクターの1週間のスケジュール
佐藤先生の1週間のスケジュール

※この記事は、2017年1月20日発売『ヨガジャーナル日本版』に掲載した内容となり、現在の先生方の生活とは異なる場合があります。

  • 2
  • /
  • 2

Cover photo by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi Kozue Matsuura Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

佐藤ゴウ
佐藤ゴウ
昼食
ヨガレッスン
スワミ・チダナンダ の本
ワイン
佐藤ゴウ夫婦
佐藤ゴウ
ヨガインストラクターの1週間のスケジュール
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する