あぐらできない原因とは|「あぐらだと痛い」を解消する2つの簡単ヨガポーズ

鈴木七

あぐらできない原因とは|「あぐらだと痛い」を解消する2つの簡単ヨガポーズ

佐藤ゴウ
佐藤ゴウ
2018-03-26

突然ですが、あなたは「あぐら」ちゃんとできますか? 股関節まわりが固まって、あぐらが辛いというあなた、 そのままでは、男同士の座敷席での飲み会で、1人だけ「女の子座り」「正座」「体育座り」なんてことに…。周囲に堂々とした印象を与える、股関節をしっかり開き、背筋をまっすぐ伸ばした男らしいあぐらを手に入れましょう。

あぐらができない原因

あぐら できない
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

あぐらができないのは、恥骨筋がこわばり、股関節が外側に回転しにくくなるのが原因。意識して動かすことが少ない部分なので固まりがち。習慣的にゆるめよう。

恥骨筋のつまりが招く不調は…

下半身のめぐりが悪くなることで、①疲労の蓄積 ②だるさ ③イライラ ④冷え ⑤足のむくみ ⑥太りやすい といった不調を招きます。

「あぐらができない」原因をヨガで解消しよう

解消ヨガワーク1:上半身ねじりのポーズで股関節をほぐす

日常動作であまり使わない恥骨筋を、ツイストによりダイレクトに刺激。股関節を伸展& 外旋させて恥骨筋をゆるめ、股関節をまんべんなくほぐすワーク。

HOW TO

1.前脚の膝が90度になるように踏み込み、後ろに引いた足の角度は45度。前足のかかとと後ろ足の土踏まずは一直線上、足幅は肩幅の2.5倍をキープする。できるだけ重心を低く保ったまま、両手を前脚の膝に置く。

あぐら できない
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

POINT

前脚の膝が内側に入らないようにし、後ろ脚の膝は曲がらないように注意する。

2.手を頭の後ろで組んで胸を開く。両膝の位置を動かさず上体をゆっくりツイストし、ねじる時に息を吐きながらお尻を下げる。ねじり切ったらすぐに戻さず、状態をキープすることで効果が高まる。5~8呼吸キープ。

あぐら できない
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

POINT

腰からではなく骨盤からねじると、恥骨筋のストレッチが深まり効果抜群。

解消ヨガワーク2:操体法のポーズで圧迫してゆるめる

筋肉は思い切り伸ばすと最大筋力を発揮、そこから一気に弛緩させると柔軟性がアップする。この性質を利用し、反動をつけた動きで恥骨筋の柔軟性を高めるワーク。

HOW TO

1.長座になり、骨盤が後傾し腰が丸まらないようにして背骨を伸ばす。片方の足裏を持ち、膝を曲げて脇のほうに引き寄せる。引き寄せる動きと対抗するように、足裏で手を押し返し脚を前に伸ばそうとしながら5呼吸キープ。

あぐら できない
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

POINT

膝は脇の下の後方までぐっと引き寄せ、股関節を最大限にストレッチするのがポイント。

2.足を引き寄せている手の力を一気にゆるめ、同時に足を前方に投げ出す。引き寄せる&ゆるめる動きを5~6回繰り返すと、恥骨筋のゆるみを実感できる。

あぐら できない
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

POINT

自然呼吸で行い、息を吐くタイミングで手の力を抜くと反動がついてゆるみやすい。

教えてくれたのは...佐藤ゴウ先生
ヨガインストラクター、IHTA理事。YMCメディカルトレーナーズスクールでクラスを担当する他、各地でのヨガイベントに講師として出演。これまでに男性限定の「男ヨガ」を考案して男性にもヨガを広め、現在は幅色い世代に健康で暮らすためのヨガを広めている。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi
Illustrations by Nana Suzuki
yoga Journal日本版Vol.49掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あぐら できない
あぐら できない
あぐら できない
あぐら できない
あぐら できない
あぐらできない原因とは|「あぐらだと痛い」を解消する2つの簡単ヨガポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する