ヨガの最後に行う「シャヴァーサナ」の素朴な疑問11|「すぐ寝てしまうのですが…」

BIGSTOCK

ヨガの最後に行う「シャヴァーサナ」の素朴な疑問11|「すぐ寝てしまうのですが…」

自己流でやっているけれど、これで本当に合っているの?」「いつも寝てしまうけど大丈夫?」など、シャヴァーサナに関するわからないことを、日本人女性初のアシュタンガヨガ正式指導者であり、ディダス契約ヨガトレーナーとしても活躍、イベントなどでも大人気のヨガティーチャー吉川めい先生に聞いてみました。

シャヴァーサナの素朴な11の疑問

Q1.シャヴァーサナってどうして必ずやるのですか?

A.気の巡りの良い状態を保つため

アーサナで体の気の巡りが良くなりますが、そのままだと“放電”されてしまうことも。シャヴァーサナは、“保存ボタン”を押すようなもの。シャヴァーサナをすることで、巡りの良い状態を保つことができるんです。

Q2.ソワソワ、イライラ、じっとしているのがつらい!

A.感情を押し込めず、体を休めることを優先して

無理にソワソワやイライラした感覚を押し込めようとしないでOK。マインドが落ち着かないのなら、まずは体を休めることを優先しましょう。「この時間、私は体に休息を与えるんだ」と腹をくくることが大事です。

Q3.どれぐらいやるといいの?

A.目安は1時間の練習に対し10分。体調や予定によって変えてもOK

例えば1時間練習したら約10分間、シャヴァーサナを行うのが目安。体調やその日の予定にもよりますが、セルフプラクティスをする場合は、あらかじめ、シャヴァーサナの時間も計算しておくといいでしょう。

Q4.シャヴァーサナだけをやってもいいですか?

A.もちろんOK。効果を高めるにはアーサナも行うのがおすすめ

緊張がほぐれると血液やリンパ、気の流れが改善され、体の自然治癒力が高まります。いわば、自分で自分の心身を癒すようなもの。アーサナをプラスすることで効果は高まりますが、シャヴァーサナだけ行っても◎。

Photos by Kenji Yamada Shoko
Hair&make-up by Shinichi Yano
Text by Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する