不眠症に打ち勝つシンプルな方法|眠れない夜に行うヨガニードラとは

Getty Images

不眠症に打ち勝つシンプルな方法|眠れない夜に行うヨガニードラとは

不眠症に打ち勝つことができない時、ヨガニードラは体に必要な深い休息を与えてくれる。

体に意識を向けて心地よい眠りを手に入れよう

ヨガニードラとは『ヨガの雲の上で眠る』という意味です」とパラヨガの創設者、ロッド・ストライカーは言う。「ヨガニードラを練習すると、私たちは深い眠りのリズムに入っていくことができます。普通の眠り以上に癒しと修復効果のある休息です。なぜなら、努力しなくても持続的に存在している意識の要素があるからです」
ストライカーは、体の61カ所に意識を向ける、シンプルな「61ポイント・ヨガニードラ」をすすめている。ベッドでもマットの上でもいいので、頭の下にたたんだブランケットを置いて行おう。眠気を催すきっかけとして、昼間の練習として、あるいは眠れない時の夜の練習としても利用できる。
ストライカーは、眠ることがゴールなら、はじめに1対2の呼吸(ゆったりとした呼吸で、吸う息の2倍の長さで息を吐く)を5分間行い、さらに5~10分間で日記を書くことをすすめている。それから明かりを消して、心地よい状態で上に紹介している練習を行う。各ポイントでは5~10秒間ずつ意識を向け(それ以上は行わない)、次のポイントに進む。ひと通り終わってもまだ目がさえていたら、はじめからまた繰り返す。

Story by Hillari Dowdle
translation by Sachiko Matsunami
yoga Jounral日本版Vol.32掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガニードラ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する