体幹を強化!「足の親指を掴んで伸ばすポーズ」が決まる3つのワーク

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

体幹を強化!「足の親指を掴んで伸ばすポーズ」が決まる3つのワーク

体の硬さが壁となり、苦手になりやすいポーズ「ウッティターハスタパーダングシュターサナ」(足の親指を掴んで伸ばすポーズ)。硬さを克服する練習法からポーズの真の効果までを徹底的に解説! 人気ヨガインストラクターのHANAE先生に教えてもらいました。

ウッティターハスタパーダングシュターサナ(足の親指を掴んで伸ばすポーズ)とは

ポーズ名の由来:足の親指をつかんで伸ばす、ポーズの動きに由来する。
ウッティタ=伸ばす ハスタ=手 パーダングシュタ=足の親指 アーサナ=ポーズ

ポーズの効果

股関節まわりの筋肉を鍛え、脚裏をほぐし下半身のバランスを調整。体の軸を保つ体幹強化はもちろんのこと、揺らがない強い心も育まれます。

体が硬い人の場合…体が丸く縮こまる

膝が曲がり、お尻が引けて腰が丸まりやすい人は体幹が弱く、ハムストリングが硬い証拠。

NG
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Text by Yasuko Ito Minako Noguchi
ポーズ名の由来解説 小野洋輔先生
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

NG
pre1
pre2
pre3
1
2
point
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する