胸が開きやすくなる!「魚のポーズ」が決まる3つのワーク

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

胸が開きやすくなる!「魚のポーズ」が決まる3つのワーク

体の硬さが壁となり、苦手になりやすいポーズ「マッツヤーサナ」(魚のポーズ)。硬さを克服する練習法からポーズの真の効果までを徹底的に解説! 人気ヨガインストラクターの芥川舞子先生に教えてもらいました。

マッツヤーサナ(魚のポーズ)とは

ポーズの由来:半分人間で半分魚のマッツヤを象徴するポーズ。経典『ハタ・ヨガ・プラディーピカ』は、マッツヤの知恵に基づくと言われている。
マッツヤ=魚 アーサナ=ポーズ

ポーズの効果

肩甲骨を寄せて胸を開くポーズで、僧帽筋が強く刺激されます。肩甲骨まわりを活性化し、肩こり・姿勢改善に役立ちます。

身体が硬い人の場合…

胸が硬くて開かないと首から反ってしまう。首の後ろがつぶれて頸椎に負担がかかる。

NG
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Text by Yasuko Ito Minako Noguchi
ポーズ名の由来解説 小野洋輔先生
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

NG
pre1
pre2
pre3
NG
yoga1
yoga2
yoga3
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する