首から肩を柔軟に!「鋤のポーズ」上達につながる3つのワーク

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

首から肩を柔軟に!「鋤のポーズ」上達につながる3つのワーク

体の硬さが壁となり、苦手になりやすいポーズ「ハラーサナ」(鋤のポーズ)。硬さを克服する練習法からポーズの真の効果までを徹底的に解説! 理学療法士でヨガインストラクターの中村尚人先生に教えてもらいました。

ハラーサナ(鋤のポーズ)とは

ポーズ名の由来 大叙事詩『ラーマーヤナ』で英雄・ラーマの妻・シータが農耕作業中に現れたことから、「隠れた財宝を明らかにする道具」とされる鋤を象徴する。

ハラ=鋤すき アーサナ=ポーズ
鋤のポーズ

ポーズの効果

体重負荷がかかる首の後ろが伸ばされ、その反対側の首の前が強化されるポーズ。首から肩にかけての柔軟性が向上します。

硬い人の場合...

首の後ろが硬いと上体を引き寄せることができず、足が床に届かない。

ハラーサナ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Text by Yasuko Ito Minako Noguchi
ポーズ名の由来解説 小野洋輔先生
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ハラーサナ
首前を鍛えるプレワーク
首の後ろのストレッチ
ハラーサナの準備
ハラーサナ
ハラーサナ
ハラーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する