冬季うつを回避しよう!元気を取り戻す3分間の脱力ヨガ

Getty Images

冬季うつを回避しよう!元気を取り戻す3分間の脱力ヨガ

日照時間が短くなる季節は、うつ症状を感じやすいと言われています。冬にむかうにつれてうつうつしがちな心に、リストラティブヨガで元気を取り戻しましょう。

ボルスターがないという人に向け、代わりに丸めたヨガマットを使うこのシークエンス。胸を大きく開き、元気を取り戻しましょう!丸めたブランケットのサポートで鼠蹊部の力が抜け、緊張したお腹の力が抜けやすくなります。忙しい日はこのポーズで3分キープして。

サポートを使った仰向けの安楽座

リストラティブ
Photo by Akane Kubota

HOW TO

写真のように、ブランケットと丸めたマットを置く。丸めたマットの前で安楽座になり、両膝と両足の間に丸めたブランケットをはさみ、脚の力を抜く。仰向けになり、肩甲骨の後ろに丸めたマットがくるように位置を調整する。脚を組みかえて同様に行う。

POINT

うつ症状が強いとき、目を閉じると気持ちが内向きになりやすいので、必ず目を開けて行うこと。

教えてくれたのは…リザ・ロウィッツ先生
「Sun and Moon Yoga」主宰。編集者、大学講師のキャリアを積んだ後、ヨガに出会う。2003年に再来日し、リストラティブヨガのできるスタジオを開いた先駆者。

photos by Akane Kubota
hair&make-up by Yuki Kono、Manami Suzuki (PARMS HAIR)
text by Ayako Minato
directed by Leza Lowitz
interpretation by Toshiko Yanagihara
special thanks to yoga works
yoga Journal日本版Vol.33掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

リストラティブ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する