上級アーサナ練習法|2つの立位バランスポーズを攻略

Shoko Matsuhashi

上級アーサナ練習法|2つの立位バランスポーズを攻略

実力派ティーチャーが魅せる上級ポーズはいつも憧れの的。「いったいどんな練習をすればいいの?」という声に応えて、ヨガジャーナル本誌でお馴染みの人気ティーチャーに自慢のポーズと安全で効果的な練習法を教えてもらいました。今回は、立位のポーズ編!

立位バランスの上級アーサナ2つを攻略しよう

片足立ちでもブレないコアと、股関節のしなやかさが求められる立位ポーズをご紹介。練習による体の変化を楽しんで。

1.立位の前後開脚のポーズ(urdhva prasarita eka padasana)

股関節ストレッチとお腹の引き込みの2 方向から練習

脚を高く上げるには、トカゲのポーズで股関節をストレッチ。さらに片足の下向きの犬のポーズで下半身を引き込む感覚を養うと◎。(中村優希先生)

立位前屈
Photo by Shoko Matsuhashi

MY練習法①
骨盤を正面に向けたまま左膝を浮かせ、かかとを後方に押し出して股関節の柔軟性を高める。5呼吸キープ。反対側も。

トカゲのポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

MY練習法②
ダウンドッグになって両手で床を押し、下腹部の力で左足を持ち上げる。上がらなければ後ろの壁を蹴るイメージで。5呼吸キープ。反対側も行う。

ダウンドッグ
Photo by Shoko Matsuhashi

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

踊り神のポーズ
踊り神のポーズ
立位前屈
トカゲのポーズ
ダウンドッグ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する