憧れポーズ攻略法|重心の置き方がポイント?「鶴のポーズ」マスターへの近道とは

PIXTA

憧れポーズ攻略法|重心の置き方がポイント?「鶴のポーズ」マスターへの近道とは

難しく思われがちな鶴のポーズですが、重心の取り方さえ覚えれば、実は簡単に脚は上がります。そのために欠かせないワークを、ヨガティーチャーの芥川舞子先生に教えてもらいました。

股関節をしっかり引き込むのがコツ

椅子のポーズなどで使う足の付け根の引き込みを、空中で保つことがポイントになるポーズです。足を上げる分、背筋を使って頭も持ち上げる意識も忘れずに。頭とお尻でバランスをとって体を支えます。手首の柔軟性が必要なので、十分にほぐして行いましょう。

※このポーズは、体にケガや痛みのある人、高血圧、月経や妊娠中の人は避けましょう。また、初心者は指導者のもと適切なアドバイスを受けて行って下さい。

プレワーク1手首の内側と外側を体重をかけてほぐす

逆手にして手のひらを床につけ、お尻を後ろに引いて手首の内側を伸ばす。次に手の甲を床につけて逆側を伸ばす。5~10呼吸ずつ、左右交互に繰り返して。

鶴
Photo by Shoko Matsuhash

プレワーク2コブラのポーズで背中の力を強くする

うつ伏せになり、胸の横に両手をつく。肩甲骨を引き寄せ、吸う息で上半身を持ち上げ5 ~ 10呼吸キープ。頭は遠く
へ引っ張るイメージで。

あ
Photo by Shoko Matsuhash

Photos by Shoko Matsuhash Kentaro Abe
Text by Ayano Yoshida Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版Vol.46掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

鶴
あ
あ
あ
あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する