憧れポーズ攻略法|鳩のポーズ&ラクダのポーズ上達のカギとは

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

憧れポーズ攻略法|鳩のポーズ&ラクダのポーズ上達のカギとは

ヨガビギナーにとって「ラクダのポーズ」や「鳩のポーズ」は、「これぞヨガ!」という印象のある人気ポーズ。できるようになりたいという人、多いのでは?これらふたつの人気ポーズを正しく深めるコツを、「レッスンを受けると体が変わる」と評判の人気ヨガ講師・柳本和也先生に教えてもらいました。カギとなるのは、背中と太もも?

POSE1:「ラクダのポーズ」は骨盤を前に押し出し背中の伸びをサポート

体を後ろに反ろうとすると姿勢を崩しやすいラクダのポーズ。膝を腰幅に開いて膝立ちになり、両足先を立てます。両手を腰に当てて押し出し胸を上げて。骨盤を出す意識を持つことが大切。

ラクダのポーズ
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

攻略ポイント

・お腹が前に出るよう骨盤を前へ押し出す。
・軽く顎を引き、慣れてきたら顎を上げて後屈を深める。
・床に足先を立て、余裕がある人はかかとに手をおいて。

これはNG:腰が引けた状態で反ると、過度な負担がかかり腰痛などの原因に。

ラクダのポーズ
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
hair&make-up by Kousuke Hor(+nine)
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ラクダのポーズ
ラクダのポーズ
鳩のポーズ
鳩のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する