理学療法士に聞いた|太腿~お尻を締める3つのポーズ|姿勢保持筋はバランス系ポーズで身に付けよう

Getty Images

理学療法士に聞いた|太腿~お尻を締める3つのポーズ|姿勢保持筋はバランス系ポーズで身に付けよう

バランス系ポーズを成功させるには背骨と骨盤の安定が必要。姿勢保持筋である腸腰筋を不安定なバランスの中で使うことで、太腿からお尻が締まりスッキリ小尻に!理学療法士の中村尚人先生がおすすめポーズ3つを紹介!

1.バランスをキープしながらお尻下部をシェイプ「戦士のポーズⅢ」

軸足にのって、床と平行になる位置まで上体を倒し、もう一方の脚も床と平行に上げます。背骨を伸ばすと腸腰筋が働くので、頭と足を遠くに伸ばし続ける意識でキープすればお尻下部のシェイプに。反対側も同様に。

戦士のポーズⅢ
Photo by IKKEN URAKAWA

効かせるポイント

お尻の筋肉を使って脚を上げると骨盤が外に開いてしまいます。腸腰筋が使えていると骨盤が安定し骨盤の高さは左右同じに。骨盤の高さに左右差がないかチェックしてみて。

戦士のポーズⅢ
Photo by IKKEN URAKAWA

これもOK

軸脚の膝は曲げていてもOK。膝を伸ばすと左右の骨盤の高さが崩れてしまう場合は、無理に伸ばさない。

戦士のポーズⅢ
Photo by IKKEN URAKAWA

Photos by IKKEN URAKAWA
Hair&make-up by Kousuke Hori(+nine)
Illustrations by Misako Nakagawa
Text by Yasuko Ito

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

戦士のポーズⅢ
戦士のポーズⅢ
戦士のポーズⅢ
足の親指をつかんで伸ばすポーズ
足の親指をつかんで伸ばすポーズ
足の親指をつかんで伸ばすポーズの軽減ポーズ
片脚のダウンドッグ
片脚のダウンドッグ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する