膝立ちアーサナで脚の付け根を開く!芥川舞子流開脚メソッド

NOBUHIRO MIYOSHI

膝立ちアーサナで脚の付け根を開く!芥川舞子流開脚メソッド

ポーズの美しさで知られる人気ヨガティーチャー芥川舞子さん。憧れの開脚に近づくための膝立ちアーサナを教えてもらいました。

膝を曲げた状態で脚の付け根を開く練習。膝から下を固定しているので、股関節から開く感覚をつかみやすくなります。
※各ポーズはすべて、5~10呼吸を目安にキープしましょう。

POINT

・骨盤を立てる

・脚の付け根から動かす

 

左右開脚のための膝立ちアーサナ

ヴィーラバッドラーサナⅡで両脚を付け根から左右に開く

膝を曲げたヴィーラバッドラーサナⅡで、脚を付け根から開く感覚をつかみましょう。崩れやすい体幹アライメントも意識して。

芥川舞子流メソッド
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

後ろ脚は曲げて膝をつく。前脚は膝の下にかかとがくるように曲げ、付け根を開く。余裕があれば、左手を後ろから回し、前脚の付け根を外に開く。

これはNG

芥川舞子
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

前の手につられて姿勢が前のめりになりやすい。体幹は一直線を保つこと。

アルダチャンドラーサナでおへその向きを固定して強度アップ

軸脚の膝を曲げたアルダチャンドラーサナ体幹をしっかり保つことで股関節から不要な力が抜け、脚を開きやすくなります。

芥川舞子流開脚
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

軸脚の膝を曲げ、床と平行に体幹を保つ。両脚を付け根から開いて上の脚を持ち上げる。床についている手と膝、つま先は、一直線に並べる。

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.53掲載

All photosこの記事の写真一覧

芥川舞子流メソッド
芥川舞子
芥川舞子流開脚
芥川舞子流開脚
芥川舞子流開脚
芥川舞子流開脚
芥川舞子流開脚
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する