アンバランスな股関節の開きはケガの原因|「三角のポーズ」の意外な落とし穴とは

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

アンバランスな股関節の開きはケガの原因|「三角のポーズ」の意外な落とし穴とは

「ヨガは柔軟性以外にも必要なことがあります」と語るのは、人気ヨガ講師の佐藤ゴウ先生&HANAE先生。「体が柔らかすぎる人」代表の宮沢セイラさん、この三角のポーズの問題点について、おふたりに聞いてみました。

ヨガの壁:体をアンバランスに伸ばしすぎてしまう

胸が反って肋骨が出たり、膝が過伸展になって関節がロックされたりと、アンバランスな状態に。両脚と体側をなるべく均等に伸ばしてキープできるように練習しましょう。

三角のポーズ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

NGポイント1:胸を開きすぎてしまう

やっぱり肋骨が開きがち。背骨は真っすぐ伸ばしたいのに、腰も反った感じになってます。

NGポイント2:股関節を一方向だけに伸ばしすぎる

右膝が押し込まれ、左の股関節が内旋して詰まった状態に。骨盤は均等に開きたい!

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Styling by Chie Hosonuma
Hair&make-up by Sachiko(U-REALM)
Text by Megumi Nishijima
Yogajournal日本版vol.58掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

三角のポーズ
三角のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する