重心の位置がポイント!「ねじった三角のポーズ」を安定して行うための壁練習

Nobuhiro Miyosh( RELATION)

重心の位置がポイント!「ねじった三角のポーズ」を安定して行うための壁練習

ねじりが浅いと「三角のポーズ(パリヴルッタトリコナーサナ)」の重心が片足に偏りやすく。壁やヨガブロックを使って適切な重心をつかみましょう。人気ヨガティーチャーの芥川舞子先生が教えてくれました。

壁を目安にねじって両足に重心をのせる

上半身をしっかりねじって両足に重心をのせるのが、下半身を安定させるコツ。わき腹が硬いとねじりが浅くなりやすく、重心が片足に偏りますが、壁を目安にすることでねじりが十分に。

A
パリヴルッタトリコナーサナ Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

HOW TO

1.壁の前に左腰をつけて立ち、左足を前に両足を前後に開く。右足先は斜め右に向ける。上半身を前に倒し、左手は腰、右手は左足の小指側につく。

あ
Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

2.腰から上半身を壁側にねじり、胸と頬を壁に近づける。左腕を肩の延長線上に上げ、視線は左手の指先に。両足に重心をのせ、5呼吸キープ。逆側も同様に。

あ
Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

POINT:両腕は、上半身と垂直に伸ばして。地面に根を張るイメージで、両足に体重をのせよう。

上半身のねじりが浅いとNG

上半身のねじりが浅く、壁から遠いと、重心が片足だけにのってバランスが崩れる。

あ
Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

これはOK

手を床についてポーズできない場合は、手を前足の親指側につく。ブロックを使ってもよい。両足に重心をのせて。

あ
Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

教えてくれたのは...芥川舞子先生

ヨガティーチャー・モデル。メディアに多数出演し、大型ヨガイベントの講師を務めるほか、大手スタジオのシニアティーチャーとしても活躍。少人数セミプライベートクラスのクリスタルクリア・ヨガアカデミーを主宰。

Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)
Hair & make-up by Manami Yaginuma( P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

A
あ
あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する