むくみの原因を一掃!「バードのフライヤーポーズ」で溜まった老廃物を流そう

Toru Tokunaga

むくみの原因を一掃!「バードのフライヤーポーズ」で溜まった老廃物を流そう

冷えやむくみは、主に下半身の運動不足でリンパや血液の流れが滞ると起こりやすくなります。改善にはリンパ節のある鼠経部を刺激して、流れを促すポーズがおすすめ。アクロヨガジャパン代表の西浦莉紗先生がレクチャーしてくれました。

バードのフライヤーポーズで鼠経部を圧迫してリンパ+血液を流す

鼠径部を圧迫することでマッサージ的な効果が得られ、リンパと血液の流れを促すポーズ。また、全身を弓なりにすることで広範囲の筋肉を刺激し、さらにめぐりを促します。

HOW TO

うつ伏せになり、恥骨を床に押し当ててそけい部を刺激しながら胸と両脚を引き上げる。手のひらを下へ向け、指先でかかとを触ろうとするイメージで、肩を後ろに引いて両腕を伸ばし、5呼吸キープ。

あ
Photo by Toru Tokunaga

プラスで効果UP

こぶしを左右の鼠経部に当てて同様に行うと刺激が強まり、効果UP。バタ足をするように両脚を交互に5回、上下に動かしても◎。こぶしを離したらそのまま5呼吸休み、血液が足先へ流れるのを感じて。

あ
Photo by Toru Tokunaga

POINT

鼠経部にこぶしを当てよう。

あ
Photo by Toru Tokunaga

教えてくれたのは...西浦莉紗先生

アクロヨガジャパン代表。アクロヨガ正式指導者。「アクロヨガをブームではなく流派に」という思いでヨガクラスやヨガイベントを担当。海外でも精力的に活動している。

Photos by Toru Tokunaga
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.57掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する