お産の体力はヨガで養おう!妊娠期におすすめヨガポーズ2つ

PIXTA

お産の体力はヨガで養おう!妊娠期におすすめヨガポーズ2つ

妊娠中のお母さんは、赤ちゃんを支えるための「筋肉」にもケアが必要。ヨガのポーズで骨盤底筋や前面にかかる重みを支える背筋を鍛えることで、体に負担がかかりにくくなりますよ! 人気ヨガ講師のサントーシマ香先生に、お産体力をつけるヨガポーズ2つを教えてもらいました。

「お産体力」をつけるヨガポーズ2つ

1.橋のポーズで逆転ポーズで骨盤底を休ませる

妊娠中でも安全に行える逆転ポーズ。赤ちゃんの重みが常にかかる骨盤底の筋肉を休ませる効果があります。鼠径部もストレッチされるため、骨盤部の血流もUP。5呼吸キープ。

あ
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.一本足の猫のポーズで背筋を鍛えて姿勢を改善

妊娠中は体の重さが前面に集中するので、バランスをとるために背筋を鍛えることが大事。床についている膝の内側に体重をのせ、尾骨を内側に入れる意識で5呼吸を目安に行います。

あ
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは...サントーシマ香さん

ニューヨーク出身。バークレーのヨガ・マンダラにてティーチャートレーニングを修了後、指導を始める。2011年、豪州のアナ・ワッツ氏のもとで女性の体、ホルモン、妊娠出産について学ぶ。

モデルを務めたのは...渋木さやかさん

2006年よりヨガの指導を始める。シヴァナンダヨガを主流とした、本格的なヨガクラスを定期的に開催。ヨガモデルやヨガライフアドバイザーとして雑誌やメディアの出演多数。

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Yasuko Ito
Illustration by Nana Suzuki
yoga Journal日本版Vol.47掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する