壁でチェックしてみよう。あなたは真っすぐ立てている?

Nobuhiro Miyoshi

壁でチェックしてみよう。あなたは真っすぐ立てている?

真っすぐ立つ。これって簡単なようでいて、じつはとても難しいこと。前かがみになってしまっていたり、逆に反り腰になっていたり…でも、自分でどうやってチェックすればいいかわからない。そんなあなたのために、あなたが真っすぐ立てているかどうかチェックする簡単な方法を、人気ヨガティーチャーの芥川舞子先生が教えてくれました。さっそく、壁に体をつけて、トライ!

前かがみを直すには、壁に後頭部・肩甲骨・お尻・ふくらはぎを壁につける!

すべてのポーズの基本ともいえるターダーサナ。肩回りが硬く、肩が内側に入ると、無意識のうちに上半身が前かがみに。壁に背面の4点(後頭部、肩甲骨、お尻、ふくらはぎ)をつけると、体の中心軸を感じることができます。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

HOW TO

壁に後頭部・肩甲骨・お尻・ふくらはぎをつけ、足の親指の付け根を合わせて、かかとを少し開いて立つ。胸の前で合掌し、5呼吸キープ。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

POINT

壁にもたれるのではなく、自分の足で立つ。地にしっかり足がつく感覚を得られる距離をとって。

これもOK

壁に4つのポイントをつけられない場合は、後頭部・肩甲骨・お尻の3ポイントをつけることからスタート。

前かがみ&反り腰はNG

前かがみになっていたり、そのままムリに姿勢をよくしようと反り腰になると、上半身が離れる。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

教えてくれたのは...芥川舞子先生

ヨガティーチャー・モデル。メディアに多数出演し、大型ヨガイベントの講師を務めるほか、大手スタジオのシニアティーチャーとしても活躍。少人数セミプライベートクラスのクリスタルクリア・ヨガアカデミーを主宰。

Photos by Nobuhiro Miyoshi( RELATION)
Hair & make-up by Manami Yaginuma( P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する