プロップス使いがカギ。難易度高め「クジャクの羽のポーズ」をマスターする方法

DAVID MARTINEZ

プロップス使いがカギ?難易度高め「クジャクの羽のポーズ」をマスターする方法

MATY EZRATY
MATY EZRATY
2017-11-18

バランスポーズの中でも難易度の高い、ピンチャマユーラーサナクジャクの羽のポーズ)。このポーズを行うには、段階的にバランス感覚を習得していくことがカギとなる。壁を使い、ベルトブロックなどのプロップスをうまくとりいれて練習してみよう。

クジャクの羽のポーズ 完成ポーズ

クジャクの羽のポーズ
(Photo by DAVID MARTINEZ)

後屈に備えて肩を開き、腕でバランスをとる高度なポーズに求められる腕の力をつけることができる。

壁から急に離れないことが安全に行うためのポイント

バランスのポーズを行う時には、性急に壁から離れないこと。壁の近くでポーズを行っても、ピンチャマユーラーサナの効果は何ひとつ損なわれないうえ、安心感が得られ、大きく後屈して倒れる危険もない。十分にウォームアップできていて、無理なくウールドゥヴァダヌーラーサナ上向きの弓のポーズ)のようなポーズに入っていけることを確認すること。万が一後屈して倒れてしまった時に行き着く先がこのポーズである。また、部屋の中央で行う時は、落下の衝撃を和らげるために両肘を開く必要があることがあるため、ベルトを用いないほうがよいこともある。

Model by Krista Cahill
Styling by Lyn Heineken
Hair&make-up by Megan Ray with Aubri Balk
Translated by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.45掲載

All photosこの記事の写真一覧

クジャクの羽のポーズ
クジャクの羽のポーズ
クジャクの羽のポーズ
クジャクの羽のポーズ
クジャクの羽のポーズ
クジャクの羽のポーズ
クジャクの羽のポーズ
クジャクの羽のポーズ
クジャクの羽のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する