上級者向け|壁を使った腿裏伸ばしで立位の開脚ポーズをマスターしよう

Nobuhiro Miyoshi

上級者向け|壁を使った腿裏伸ばしで立位の開脚ポーズをマスターしよう

膝が伸びず、曲がって見えてしまう原因は、ハムストリングと股関節の硬さにあるそう。ウールドゥヴァプラサリータエカパダーサナが苦手な人は、壁を使って練習するのがおすすめです。人気ヨガインストラクターの芥川舞子先生に「壁」を使ったワークを教えてもらいました。

足の甲で壁を押して後ろ脚を伸ばす

腿裏や股関節回りが硬いと、脚を真っすぐ上げたつもりで膝が曲がっていることが多いもの。壁を押す力で上げた脚を伸ばしやすくし、床についた脚から一直線にして脚の筋肉をストレッチ。

あ
壁を使ったウールドゥヴァプラサリータエカパダーサナ Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

HOW TO

1.壁を背に、両足を腰幅に開いて立つ。前屈して、両手を前方につく。左脚を、遠くに蹴り上げるように壁に上げ、膝下を壁につける。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

2.両手を軸脚に向かって歩かせ、左足の甲を壁につけて天井方向へ上げていき、膝を伸ばして5呼吸キープ。逆脚も同様に。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

POINT:足の甲で壁を強く押し、膝を伸ばす。また、鼠経部を壁側に押し出すようにすると開脚しやすい。

これはNG:腿裏や股関節回りが硬く、脚を後ろに上げても膝が曲がってしまうと、ストレッチ効果が得られない。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

これもOK:後ろ脚の膝を伸ばせない場合は壁から離れ、開脚の角度をゆるめて伸ばす。軸脚の膝を少し曲げてもOK。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

教えてくれたのは...芥川舞子先生

ヨガティーチャー・モデル。メディアに多数出演し、大型ヨガイベントの講師を務めるほか、大手スタジオのシニアティーチャーとしても活躍。少人数セミプライベートクラスのクリスタルクリア・ヨガアカデミーを主宰。

Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)
Hair & make-up by Manami Yaginuma( P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する