「ヨガの本質を伝えたい」日常に根付くヨガをテーマに一人ひとりと向き合う「芥川舞子ヨガスタジオ」

Shoko Matsuhashi

「ヨガの本質を伝えたい」日常に根付くヨガをテーマに一人ひとりと向き合う「芥川舞子ヨガスタジオ」

ビルの最上階にあり、駅前とは思えない静寂に包まれた芥川舞子先生主宰のヨガスタジオ。窓から注ぐ陽光を一身に浴びてヨガができるこの場所で、人生を豊かにするためのヨガを伝える芥川先生。一点の曇りもないまなざしに秘めた、ヨガ指導への真摯な思いをうかがいました。

「ヨガの本質を伝えたい」―その思いがスタジオ設立の原点

あ
(Photo by Shoko Matsuhashi)

「大手ヨガスタジオのインストラクター時代、いつしか日常の質を高める本来のヨガの目的を伝えたい思いが芽生え、体を動かすことだけを目的とした生徒さんと、ニーズのズレを感じるように。体だけに留まらないヨガを、妥協せず伝えられる場を創りたいと思い始めたのが、スタジオ主宰に至る出発点」と振り返る芥川舞子先生。やがて集客や収益にばかり捉われず、「ヨガの本質的な部分を伝えよう」と決心し、自宅で定員5名のクラスを開催。瞬く間に生徒が増えて手狭になり、1年前「芥川舞子ヨガスタジオ」をオープンしました。

芥川舞子先生プロフィール

あ
(Photo by Shoko Matsuhashi)

ヨガインストラクター。「芥川舞子ヨガスタジオ」主宰。大手ヨガスタジオのトップインストラクターとして活躍し、指導者育成にも携わる。現在はヨガ指導の他、雑誌、TVCMにも出演し、ヨガイベントの講師も務める。一児の母。

自宅練習がベースで、クラスはサポートする場

あ
(Photo by Shoko Matsuhashi)

「ヨガの本質を伝える」という思いは、そのままスタジオのコンセプトに。「ヨガの本質とは、例えばヨガは生活の一部という考え方の実践です。ヨガは本来自宅で行うものですが、習慣化するために最初はスタジオに通い先生の手助けが必要。コンスタントに通う後押しとして、週に一度、同じ曜日に通う習い事形式を取り、いずれは私の手を借りず一人で練習できるように導きます」

"少人数メンバーシップ制"を採用している理由

ヨガ指導の本来の在り方にこだわり、グループレッスンは”少人数メンバーシップ制”を採用。「伝統的なヨガがそうであるように、一人ひとりとじっくり向き合い、その人に合った練習法を指導をするためのシステムです。毎回顔見知りのメンバーが揃う安心感の中、互いの学びを共有して」。クラスでは、身体だけでなく内面や生活面に現れるヨガの効果を追求し、2時間のうち1時間を対話にあてるのも独特。「当スタジオは、ここでヨガを練習するという発想ではなく、自分で普段からヨガを練習する習慣を身につけ、その普段の練習の仕方を確かめたり深めるための場なんです。対話を通して練習の進み具合を確認し、練習中に浮かんだ疑問をクリアにします」

あ
実践するポーズは決して多くはなく、「シンプルでも満たされるシークエンスがあることを知って。そうすれば時間がなくても練習はできます」。(Photo by Shoko Matsuhashi)
あ
「自分で違和感に気付き、自力でポーズを整えられることが大切」。だからアジャストやプロップスの使用は最小限に留めるそう。(Photo by Shoko Matsuhashi)

 

あ
生徒とは親しい友人のような対等な関係を意識。「家族以外にも自分の人生に寄りそう人が、身近にいることを感じてほしいです」。(Photo by Shoko Matsuhashi)

 

あ
スタジオで使用するヨガマットとブランケットは、運動能力を効率的に引き出すチャコットのアドエルムシリーズ。貸し出しは無料。(Photo by Shoko Matsuhashi)

生き方からも学べる、そんな指導者でありたい

あ
(Photo by Shoko Matsuhashi)

10歳の娘さんの話題になると表情がゆるみ、母の顔になる芥川先生。時折、スタジオに学校帰りの娘さんの姿を見かけることも。「家族は私にとってかけがえのない存在。スタジオを自宅近くに決めたのも、家族の時間を犠牲にせず仕事に集中できるから。ヨガは、先生の人となりから生き方を学ぶものです。だから、いつも私が私らしくいられる選択を優先します」。生き方に響くヨガを学べるこのスタジオは、ライフスタイルの質を高めたい人はもちろん、ヨガ初心者にもおすすめです。

あ
祭壇には、地・水・風・火を象徴するものを。自然のエネルギーを促進し、スタジオが清浄な気で満たされます。(Photo by Shoko Matsuhashi)

 

あ
この日は大切な家族の一員、愛犬のハナちゃんが同伴出勤。「大事な家族が自由に出入りできる仕事場が理想です」。(Photo by Shoko Matsuhashi)

 

あ
更衣室も十分なスペースがあり快適。スタジオの一角には、先生が時々腕を振るうキッチンもあり、“家”のような安らぎに満ちた空間。(Photo by Shoko Matsuhashi)

Student’s voice

香さん:先生との対話から生きやすくなるヒントをもらっています。それを生活に落とし込み、人間関係が円滑になったりよい変化を実感。家での練習が習慣になったのも大きな収穫です。

榎本陽子さん:以前はヨガといえばエクササイズ感覚でしたが、芥川先生と出会いヨガはライフスタイルそのものだと感じています。先生に学んだことで考え方が柔軟になり、家族に優しくもなれました。

芥川舞子ヨガスタジオ DATA

https://www.maiko-akutagawa.com

場所:お問い合わせを頂いた方にのみ、個別にご案内。(お気軽にお問い合わせください。)

料金:少人数メンバーシップ制レギュラークラス 15,000円(税込み)

※レッスンは週に1回2時間制、月謝制となります。

個人レッスン 30000円(税込み)

※2時間制となります

※少人数メンバーシップ制レギュラークラスに在籍中の人は、18,000円(税込み)となります。

持ち物:動きやすい服装、ドリンク、汗ふきタオル

スタジオで用意:更衣室、ヨガマット、ブランケット

用意がないもの:シャワー

申し込み先:https://www.maiko-akutagawa.com/contact

MAIKO AKUTAGAWA OFFICIAL WEBSITE

https://www.maiko-akutagawa.com

 

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する