猫背さんは呼吸が浅い?正しい呼吸法を行う5つのポイント

Nobuhiro Miyosh(RELATION)

猫背さんは呼吸が浅い?正しい呼吸法を行う5つのポイント

猫背になっていたり、骨盤が歪んでいると浅い呼吸になってしまいます。呼吸を深めるには、体内に酸素が入りやすく、出しやすい軌道を作ることが大事。呼吸を行う前に、自分の姿勢をチェックしてみて。

正しい呼吸法のための5つのポイント

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

POINT1:呼吸を行うときは目を軽く閉じ、静かな心で呼吸に意識を向ける。

POINT2:あごは軽く引く。あごの上がり・下がりすぎは、姿勢を崩す原因に。

POINT3:頭が天井から吊られているイメージで、背筋を伸ばして座る。

POINT4:安楽座で座り、お尻が床に落ちないように骨盤を立たせる。

POINT5:両手は膝の上に。手のひらを天井を向け、指は自然に伸ばして。

背中をまっすぐ伸ばし酸素の通り道を確保

大切なのは、骨盤を立たせ、尾骨から頭頂部までまっすぐに伸ばすこと。そうすることで、酸素の通り道を作ることができ、呼吸がスムーズに。酸素を多く取り込む練習をすることで、肺のキャパシティも少しずつ広がっていきます。

 

教えてくれたのは...シュミッツ千栄子先生

シュミッツ千栄子呼吸法デザインセンター。上智大学公開講座講師。アメリカでTM瞑想を学び、帰国後、インド、欧米、アジア他で呼吸法を学ぶ。呼吸法の第一人者としてテレビや雑誌などで幅広く活躍中。スポーツ選手の減量指導も行う。

モデルを務めたのは...池田莉子さん

モデル。ヨガインストラクター。雑誌や広告などで活躍するとともに、ヨガ講師としてヨガの魅力を広く伝えている。

Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)
Hair & make-up by Manami Yaginuma( P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.41掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する