「坐骨を立てる」感覚がわかる椅子。腰痛も防ぐ「アーユル チェアー」|ヨガティーチャーも座ってみた

NOBUHIRO MIYOSHI

「坐骨を立てる」感覚がわかる椅子。腰痛も防ぐ「アーユル チェアー」|ヨガティーチャーも座ってみた

骨盤が立った状態でヨガするとよいポーズとは

座るだけで、骨盤が立つ感覚がわかる…ということで、この椅子に座って行うとよいポーズについても聞いてみました。

杖のポーズや開脚ポーズなどでアーユル チェアーを使ってみると、骨盤が立つ感覚がわかります。仙骨がしっかり立つので、背骨が正しく積み上がり、上半身がしっかり起きてきます」(芥川先生)

アーユルチェア 杖のポーズ
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)
アーユルチェア 開脚
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

「瞑想をはじめ、多くの座位ポーズによさそうですね。長座で骨盤が倒れてしまう人にはとくにおすすめ。ツイスト系ポーズのサポートとしてもよさそうです。骨盤を立てることでポーズの深まりを感じられるでしょう」(中村先生)

アーユルチェア 瞑想
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)
アーユルチェア ねじり
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

ヨガのレッスンに行けない日は、この椅子に座って呼吸するだけでもOK! 坐骨で座る感覚、骨盤を立てる姿勢が身につけば、あなたのヨガはもっと深まります。

アーユル チェアー

 

  • 4
  • /
  • 4

Text by Yasuko Ito

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アーユルチェア
アーユルチェア
アーユルチェア
アーユルチェア
アーユルチェア
アーユルチェア 開脚
アーユルチェア 杖のポーズ
アーユルチェア 瞑想
アーユルチェア ねじり
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する