外食続きでお疲れの内臓が目覚める!?消化力アップのための簡単ポーズ

Getty Images

外食続きでお疲れの内臓が目覚める!?消化力アップのための簡単ポーズ

なんとなく胃がもたれていてだるい…そんな人必見のポーズをご紹介。消化力や代謝を高め、腸疲労を癒やします。軽やかな体をゲットして!

胃腸と肝臓を刺激し、消化や代謝をUP「ヨガムドラアレンジ」

こぶしでお腹を押して、胃・腸・肝臓の低下した機能を目覚めさせるワーク。消化力や代謝を高めるほか、腸疲労が回復すると排泄もスムーズになり軽やかな体に。

HOW TO

1.正座になり、左右のかかとに均等に体重をのせて背筋を伸ばす。鼠蹊部にこぶしをおき、目線を前に向けて準備する。

佐藤ゴウ 消化力 アップ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

2.息を吸って背筋を伸ばし、吐きながら前屈しこぶしでお腹を刺激し5呼吸キープ。強すぎる場合は、鼠蹊部にタオルを挟んでも◎。

佐藤ゴウ 消化力 アップ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

POINT

お腹にこぶしを押しあてるより、お腹でこぶしを包み込むイメージで前屈すると強く刺激できて効果的。

教えてくれたのは…佐藤ゴウ先生

IHTA理事、ヨガインストラクター。YMCメディカルトレーナーズスクールにて各クラスを担当。ヨガ哲学を伝え、心身の繊細な感覚を見つめる「感じるヨガ」を展開。各地でのヨガイベントでも活躍中。

 

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi,Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.52掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

佐藤ゴウ 消化力 アップ
佐藤ゴウ 消化力 アップ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する